ねんどろめんま。

支那竹かと言われた…(;´Д`)
あの花は最後のほう以外はまともに見てなかったので、お迎えする心算無かった…んですが…(´^`;)
店頭で見てたら目がものそ綺麗で!緑とも青とも取れないグラデに、薄いピンク系の光彩が入ってんですよ…もう目力というかとにかく綺麗で。あと裸足のぷにっと感もやーらかそうで…(*´Д`)

シンプルな白ワンピは他キャラに流用しても可愛いんじゃ、と思えますが、めんまの肌色はねんどろマミさんと同じくらいの抜ける様な白さなので、キャラによっては無理が。

交換パーツは顔以外は主に手足。肩や袖で回転が効かないからか、腕パーツはポージング毎の種類を完備。どれがどれだか解らなくなること請け合い?
肝心のポージングが、ねんどろではものそ多いけど、劇中再現がメインで、前述の通りの理由で腕稼働の自由がないから、ほぼ用意されているポーズしか取れないのが残念(・ω・`)
更にはねんどろトトリさんと同じくもみ毛が腕の干渉位置にあり、トトリさんと違ってもみ毛に稼働が無い為に、ただでさえ組み合わせを変えるくらいしかポージングの楽しみが少ない所に持って来て、動きに自由度が無さ過ぎるのが…(;´Д`)
時々動かせるふぃぎゃー的な扱いで、劇中再現だけしてりゃ良いんだよ!とでも思うか。
お花持ち手、蒸しパン持ち手とか言われても手から外せないのが微妙。日記持ちは無理がある…!
ちなみに足はちゃんと左右作り分けてありました…。ふにっとした部分だし左右判別つかんだろうから流用しちゃえ、とならない気遣いぷりぱねえ。

顔も先に挙げた色白肌につき流用が難しいものの、笑顔、目閉じ微笑み、ドヤ顔、全部とにかく可愛い。可愛過ぎる。
特にドヤ顔の可愛さは異常。
色以外は流用し易そうな目閉じ顔でマミさんにお茶させると優雅で実に素敵。

そして今回久々の四角くアームの配置に自由度のあるステージ型台座から丸い台座になってたかと思ったら、台座にはあの花イメージのお花模様がプリントされてる気遣い。
そして驚きなのが、初の(?)磁石式アーム。マミさんの帽子より強力で、めんまを宙に浮かせてもばっちり保持。
後頭部に埋められている為に頭はやはり他のねんどろより重たく、自立はまず不可能。アームで磁石の角度や高さの調節も勿論可能。
磁石と髪の接点は傷つかないようにする配慮で、クッションになる素材が貼ってありますよさすがグッスマ…。

name
email
url
comment