はれときどき徹夜

眠い…ので眠気覚ましにテンション上げよう…( _ _)φ zzz…

というわけで。実用性や機能性などどうでも良いのだァー!満足度で勝てば良かろうなのだー!……こんな天気アプリを待っていました喜び勢いが数日目継続中「Partly Cloudy」。
普通の天気アプリとは異なり、天気アイコンが表示されたり並んだりするのとは一線を画した、インフォグラフィックぽいUIで天気や気温や降雨などを視覚的に理解出来る仕組みになっております。

中央の時計の様な部分が、時間毎の天気具合。
外枠が時間。12時間表示と24時間表示があって切り替えられます。
一個内枠のオレンジっぽい部分が気温。赤いほど暑く、黄色っぽくなるほど涼しい……んですが、今この真夏っぷりなのでオレンジか赤のグラデしか見受けられません(´ω`;)地域変えときゃよかった…。
放射状の線。風の強さの様です。解り辛い。体感でも。
一番内側の水色のモヤモヤ。20時の内側くらいとかに出てます。降雨量(多分)。
真ん中から伸びる針。これを掴んで回す事で、時間毎の細かい温度を数字で確認出来ます。どんどん回すと翌日、翌々日、と進んで行きます。
12/24時以外に週間天気も表示出来ます。外枠の時間部分が日に変わる感じ。
複数地域登録も勿論可能だし、気温表記のセルシウスとファーレンハイト切り替えも。
「解り辛い」と思っても画面上部にはちゃんと数字的な表記がしてあり、フォローもばっちり。
地域設定を最初にしたら、以降天気予報を読み込む際にGPSが動いてる気配がないので、地域情報をその侭取得しているのかな。と勝手に想像。

一画面で、ちょっとしたジェスチャーで、これだけの事が解ると言うデザイン性と機能美が素晴らしい限り。シンプル美人(?)と言う点ではWTHRと良い勝負。
数字やアイコンだけの表示の方がパッと見て解り易いのは確かですが、能動的にアプリを起動して天気を確認しようと言う気になれると言う所が個人的には最重要。
愛用アバウト天気アプリの「ねこカン」もですが、「見る」為に起動しようと言う気になれないと、別に良いやと天気ひとつ確認するのも億劫な口で(;´∀`)ゞ

ちょっとアレなのが、日本語対応は別になくてもよかったんじゃね?と言う部分。地名も、日時も、英語表記で問題なかったと思うんですよ…。海外を地域設定しても「ロンドン」とか表示されるのであいたたた。
そんな感じに、日本語表記でちょっとデザインが残念なことに(;´・ω・)英語と切り替えしたかったな…。

name
email
url
comment