真夏の悲劇の雪ミクさん

最初にお目見えした時は可愛いの一言だったものの、相変わらずの季節無視のお届け仕様に拍車をかけた悪気のない暑苦しい御姿と、不具合発覚での発送遅延、漸く発送完了かと思いきや再びの不具合発覚で対応に追われ、修正パーツを購入者全員に製造及び発送と云う、これでもか!(TεT;)な悲劇に見舞われた、今年のねんどろ雪ミクさん。
…最後の二つだけですね、問題なのって。

今までにないお色直ししての登場に、ミクさんファンでもないのにときめかずにいられません(n*'∀')ηぶっちゃけ可愛い。
雪祭りで発売された方はなんとも無かった様なので、量産でロットの不具合が生じたのかなんなのか…。時期的に邪推はいけません。
幾分マシになったとは言え、猛暑に苦しめられてる最中にふわふわボアやらイヤーマフやらコートやらはただでさえ地獄だと云うのに、そこに来て不具合に次ぐ不具合…。
うちにおいで下さった雪ミクさんには幸い不具合らしい不具合はありませんでしたが、暑さもあってかぐんなりした印象。いやパーツの抜けが結構酷いんです(;´Д`) スカートを挟んだ腰から下のジョイントって今までのねんどろでも余り脱落しない部位だったんですが、これがまたポロるポロる。パンチラの価値が大幅下落する見せパンぷり('ω'`)
つか普通に投げたくなるレベルの脱落ぷりです。スカート外してもスカスカなので、ジョイントが短過ぎるのだと思われます。個体差か仕様かは解りませんけど…。

ツンデレ顔や慌て顔など、可愛さを引き立てる要素充分。ツインテ部分も綺麗。
…が、塗装に軽度ながらかすれがあったり、雪の結晶のタンポ印刷にも欠けがあったり、パーツがポロポロ脱落したり、ほんの少しの稼動域の為にボア襟パーツを二つ付けたり(大きく稼動させられる方のパーツは腕の剥き出し感が酷い。拡がっていない方はほぼポージング皆無なので、飾っておく用襟なのだと思われますが)、無意味なライトアップ台座を付属させたりと、正直今回は心遣いや遊びのにくいグッスマクオリティとは大きくかけ離れて仕舞っている印象を受けました。飽くまで個人的にですが。
雪ミクさん自体可愛い子だと云うのに、勿体無い感が酷いと云うか('ω'`)

はてさてそんな最中の桜ミクさん発表ですが…、今回の様な悲劇は繰り返さないで頂きたいものです。

name
email
url
comment