金色でこんな嬉しくないとは。

パノッティなんていなかった。

name
email
url
comment