蟲VS羽虫

5.3世界樹のロードラ。某迷宮な世界樹もびっくりな大きさだそうです(多分)。
世界樹絡みの新キャラたちが追加され、ボタニカルなようなそうでもないようなデザインは凄く好きなんですが、如何んせん蟲なエネミーたちはうわあああああヽ(`皿´;)ノ
一匹一匹はなんてことないんですが、マップ上にいっぱいひしめいてるのはさぶいぼ不可避。
らんらんらららんらんらん♪(ナウシカのアレ)と歌いながら頑張r…やっぱさぶいぼ出る。

それにしてもえるたそかわいい。ロードラでは久々の、私的なデザイン設定共にツボなヒット娘です。レビュー石足して出来たジャスト5個で一発来てくれてかわいい。ほんと久々にナディアちゃんから替わって貰いましたリーダー。闇PT捗る。
縛られっぷりおっぱいがえろかわいい。目隠しがあっても可愛かった!腕は拘束状態なんですかね…?袖っぽく見えるパーツは……対策?

武器の変な丸いエネルギーぽいのが、段々とブン殴るボーリングの球的な鈍器に見えて来る。

*

●以下てきとうな考察的なもの。
ドラ介さんの話あまり聞いてなかったのでちょっといい加減。且つ、碌に確認しないでさっさと書いたので色々適当。
今回久々にガチャ限キャラが既存の設定やキャラと関係が多少あったので、ストーリーパズルを考える意欲がもりもりありましたが、実際然程関係なかったぜ!
寧ろ「世界樹は二つあったんだ!」になって余計風呂敷拡がったけど。もう既存設定やストーリーをフォローするイベクエは期待するだけ無駄なのかな…。次から次に新キャラ新設定出るばかりで完全に投げてるし。
ATSでも案内される、ストーリー的なイベクエと連動もするかも知れない所に一応ちょっとは期待。
でも、勇者セットもだけど、イベクエで大したフォローがないとこの形式、スピンオフ単行本のまとめ売りみたいでタチ悪いんですよねー…。勇者シリーズセットの勝手な完結っぷりと投げっぷりすごい。

・世界樹とは。
1)とある賢者ことローザ様が光の時代に植えたもの。またル・フェイはこのローザ様の世界樹から生まれた。
2)1の世界樹はアルエリアの世界樹から分けられた苗木だったらしい。
・オルガナ(ル・フェイ)は記憶を無くしセクシー衣装で『篭』に囚われどんどん老…もとい熟しているとか。
・ローザ様はアルエリアに世界樹の苗木を貰いそれを何かの目的があって植えたと思われる。が、それが遠からず何らかの原因になって、世界樹を「殺す」事になるとかなんとか…?
・ル・オンが「種」をばらまきながら世界樹に接近中(進行形かどうかは不明)。

・世界樹を統治するのはアルエリア。その妹がエル。更に妹がウェルザ。
・アルエリアは嘗て世界樹を蝕む「害蟲の王」及び「女王」と戦い辛勝。朽ちた世界樹は数百年の時間をかけて「今の状態」にまで戻った。その代償にアルエリアは醒めぬ眠りにつき、エルは四騎士たちと共に世界樹を(アルエリアを)護り続けている。
・アルエリアが死ねば世界樹は死ぬ。でも同時にそれは四騎士やエル、妖精たちが解放される事でもある。
・末妹のウェルザは妖精として不完全な存在であった。ある時彼女は世界樹の最下層で「蟲」、恐らくは「害蟲の王」と出会う。「王」の目論む「世界樹を奪う」計画に荷担した彼女こそが「女王」だと思われる。(「姿を変えた嘗ての妹」とエルのストーリーにあるので、害蟲っぽい姿になっているのかも…?)

・四騎士の一人リエラ … 兄弟姉妹の誰よりもその責務に忠実にあるが、その理由は、彼女ら兄弟姉妹の出自や存在が世界樹サイドから見て余り宜しくないものらしい。然し四騎士は世界樹の意志で生み出されたものと言われているのでよくわからんですね。
・四騎士の一人ジュゼ … ジョゼ山…ではなく問題児。いつか世界樹を護る枷より解かれたいと願っている素振りが。「害蟲の王」と共に敗北したウェルザが去り往く姿を幾度も夢に思いだしていたりしており、ウェルザに思いを寄せている様にも見える。
・四騎士の一人フラン … 世界樹を癒す役割を担っていたが、世界樹を癒す為には害蟲の血肉が必要とか言うよく解らない本末転倒設定。
・四騎士の一人?マグナ … 実際四騎士の一人とは名言されてないけどまあスキルからそうなのかなと…?アルエリアに懐いており、彼女がいつか迎えに来るまで世界樹を探険探索し続けている。

・光妖精ロズの記憶。害蟲とその女王と戦闘中。四騎士フランが囚われたと言う報の中もリエラたちは戦っていたが、リエラは「女王」に敗れた。
・闇妖精ファルの記憶。繭に囚われていたファルはジュゼに助けを求めていた。その時聞こえて来た「女王」とジュゼの会話の様子。
ジュゼが手を伸ばすが「女王」はそれを払って喚き怒る。会話は終わり、ジュゼは女王によって繭にされた。(或いは逆で「女王」がジュゼに手を伸ばすがそれは払われ、彼女は喚く)
ジュゼのストーリーとウェルザの涙と思しき雨や相手を繭に閉じ込める能力を見ると、前者の方が通りは良いかも。

*

●なんちゃって時系列パズル。括弧内は妄想部分。

光の時代:
・ローザ様、世界樹を単身必死で踏破。
・アルエリアにもてなされ、アルエリアはローザ様に世界樹の苗木をプレゼント。
(・ローザ様の植えた世界樹から害蟲が生じるなりなんなりした?)

??:
・ウェルザ、世界樹の底で「蟲」を発見。
・唆されたか自分の意志か、ウェルザは「害蟲の王」と共に世界樹を乗っ取る計画に荷担。
・害蟲の襲撃。ガイチュウとは多分違うよ…?
・フランが囚われる。
・リエラが「女王」に敗れる。女王には相手を繭にする攻撃方法みたいなものがある模様。
・ジュゼと「女王」ウェルザとの会話。(ジュゼはウェルザにはみだし者同士として思いを寄せていたが、ウェルザは今更何をとばかりにそれを拒絶。ジュゼは「女王」に敗れる。
・アルエリアが「王」を退け、(エルもウェルザをなんとか退ける)世界樹を復活させながら眠りについて仕舞う。
・ウェルザは傷ついた「王」と共に一旦撤退。
・エルはアルエリアの意志を継ぎ、四騎士と共に世界樹を護り続ける事を誓う。
・マグナはアルエリアの迎えを待って世界樹放浪記。
・ジュゼはウェルザとの別れの場面を思い出しながら、問題を起こしてはエルに呵られる生活。(そんな中で、いつか世界樹からの解放を待っている)

虹の時代且つ大厄災の後:
(・ウェルザは「女王」として再び、「王」と共に害蟲を率いて世界樹を襲撃しに来た。
それがイベクエ参加中のプレイヤーの「今」なのか微妙)
今回のイベクエがキャラたちのストーリーライン上の「今」なのだとしたら、落ち延びたウェルザや「王」がどうなっているかは不明。

*

●いつもの毒。
連続イベクエは…まあいつもの事ながら、誰がいつどうしてなんで世界樹行きになったのか、の説明無しに開始。
紫介さんは相変わらず勝手で意味深。そのうち紫介さん「やっと思い出したよ…。ボクは嘗てみんなといたドラ助ではもうないけど、存在はドラ助と同じドラ介なんだッ」とか言いだしそう。
ともあれプレイヤーが来た途端世界樹を蝕む蟲たちがわらわら。妖精さんたちが次々捕まっちゃってるよ大変だよ!
きっとこの事態を止められるのはボク達しかいない!
……じゃねーだろ、お前何もしてないだろ。と突っ込みと言うか…、
以前も言いましたが、何もしないナビゲーターキャラが勝手にプレイヤーの代弁とか進む道を決めて行くって形式ほんときらい。
妖精さんのひとりとかが助けを求めにきて、助っ人枠に時折入りつつATSでプレイヤーに説明しつつ進んで行くのでいいじゃん…。
「世界樹の深部まで一緒に来て助けて!」って言って終わっても、次のクエストが出て来るんだからプレイヤーはその為に進むって解るじゃん…?なんで紫介さんに逐一使命感みたいに決められなきゃなんないのさ…。
まあ気分の問題なんですけどね。紫介さんの性格や口調や存在の問題も多分に含まれるんですけどね。
ナビゲーターキャラが勝手にプレイヤーに変な使命感みたいなのを押しつける形式ほんときらい。(二度目

name
email
url
comment

2015.02.26 01:20
あさゐち@祭
http://sigha.tuna.be
こんばんは、ぶどうさん。
妖精さんのデザイン、記号が多すぎと言うかファンタジー感が凄いんですが、その分ロードラ世界の多様さが見えた気がしました。
ラビリスは妖精ではないんでしょうかね…?彼女のルーツも気になる所です。(気持ち悪さも魅力、に激しく同意です)

ドラ介さんの大筋の目的は悪食巨龍を全て倒して貰う事、の様ですが…、前振りもなく唐突に世界旅行されても確かに完全に置いてけぼりですよねやっぱり。
アンジェリカとエリスはノーマルクエスト(と言う大きなストーリー)でのキャラクターなのかなと捉えていますが、主人公ズは相変わらず空気なんですよね。
更に今までの主人公たちと違って徐々に進化して物語が進んでいった訳でもなく、大概のプレイヤーが一気に最後まで進化させちゃったでしょうから、単行本のまとめ買いをした様な感じになって余計に印象が薄くなって仕舞った気がします。世界崩壊前のイザベラ様たちのポジションになる、新主人公に纏わる他のキャラクターがまだ誰一人出て来ていないのも一因でしょうか。

新世界になってからの(悪食巨龍を除く)連続イベントクエストは、どこを目指す、何を目的とする、ストーリーの下地はさておいて、スピンオフ風呂敷とそれに纏わるキャラクターをガチャやドロップで追加して、その都度「読んで貰う」だけですね。
今回の世界樹イベントは、前回の勇者様ご一行と異なり、世界樹と言う既存のワード、ローザ様と言う既存キャラの名前が出て来た事から、少しでも今までに拡げた風呂敷の一部を畳む素振りぐらいはして欲しいですね…。ガチャ限キャラたちの物語の回収だけで終わって、ストーリーの線ではなく点だけでまたお仕舞い、を繰り返すのはちょっと勿体無いです…。スピンオフだけ完結されても、ほんともやもやしますよね。ゲーム内のこの出し惜しみ姿勢は何なんでしょう。

今回のノベルの売り上げや評判で今後の方向性がある程度変わって来そうな気がします。次々発刊されるか、これきりで終わるのか。

ありがとうございます。
好きなキャラをロマンや好みだけで運用してもフレンドにも誰にも迷惑をかけるでもなし、と言うのはロードラの長所だと思います。プレイしている自分がゲーム内でも外でも楽しい、と言うのは継続する上で重要だと改めて実感しました。

2015.02.24 22:27
ぶどう
こんにちは。
ロードラ5.3.0アプデ、ガチャ妖精さんたちはきれいでかわいいし、ドロップする妖精さんもかわいいのでそこは素直にうれしいです。
キャラデザは、いまさらですが、デコラティブさが増してきましたね。
羽、不思議な武器、ここぞとばかりにファンタジックな要素を詰め込んだ感がすごい。
(そういえば、既存のラビリスの羽の動きもこれを機に修正してくれないかなとも思います。ラビリスは気持ち悪さも魅力の内ですが)

ただ、イベントクエストでドラ介さんにいきなり「とうとう世界樹にたどりついたね」みたいなことを言われて、そもそも世界樹を目指すとかそんな話だったの?と疑問が今更のようにわいてきました。
ロードラの起動画面にいるキャラ(新主人公とアンジェリカとエリスとドラ介です)の誰もそんな話をしていないし・・・と、今更ながらこの物語の方向が良くわからないなあと感じてしまいました。
新主人公もドラ介もどこを目指して冒険しているのわからないから、印象がうすく、魅力的にみえないのがつらいところですね。

>でも、勇者セットもだけど、イベクエで大したフォローがないとこの形式、スピンオフ単行本のまとめ売りみたいでタチ悪いんですよねー…。勇者シリーズセットの勝手な完結っぷりと投げっぷりすごい。

ここに特に同感です。勇者さまご一行も本筋ではなく、(ロードラってこういう悲惨な話だよねという再確認にはなりましたが・・・)今回のガチャ新ユニットもイベントと連動しているのでしょうが、別にそこまで明確なストーリーの線がみえてくるわけでもないのがもやもやしますよね。
メインストーリー線はこれからぜんぶノベルでやる、とか決断したのならユーザーを置いていく選択をしたのでしょうね。。外側(デザインやモーション)だけ新しいキャラが増えるばかりで、いろいろもったいないです。

まだイベクエははじまったばかりなので、世界樹とは何なのか説明してほしいですよね。

ちっちゃ亜人王かわいいです!殴り杖もぜひロマンを追求してください。