ないだこころ

特殊素材激辛無理。ガチ面子で道中で普通に死亡。ボロボロの体でなんとかボスまで行って先制封印とか言う阿呆過ぎな仕様と馬鹿ダメージで為す術もなくあっさり死亡。
うんこれ無理。ボスだけが無理ってレベルじゃないのであっさり白旗。余りに茫然としすぎてプリスク撮れたの道中沈没時だけでした。ドラコウィッチアルル沈没>控えのルルー様沈没した後の壊滅寸前のところだよ……。
運ゲーやスキルなどの安定PT構成キャラのセオリーが決まったクエストって好きじゃないほんと。封印必須とか状態異常必須とか漁師推奨とかやる気なくなる。
これで期間限定とか言われたら流石にアレでしたが…。そんな馬鹿な事が無くて良かったですねえ。
…ともあれ、沿わぬPT組での死闘のストレス、特に得たい目標なし、なら当面スルーかな。一色づつ物見遊山はするけど。

*

※以下苦言と愚痴。元々★6素材なんて求めてなかったので(使うキャラが取り敢えずいないし…)超激辛の難易度は無関係で総合的に。


……っえー…、タルタル、オトモなどの回復シリーズ、敵として出ると全体攻撃が鬼になる鳥さんや通常ポポイなどのどうぶつシリーズ、そして何故か(個人的にちょっと目の敵な)新参龍人シリーズに一気に★6が実装されました。(テンション極低

人魚シリーズの前例を思えば、龍人の★6はガチャで出て後々実装にしようと思ってて間に合わなかったとか、人魚で失敗したから登場と同時に★6実装を一旦控えたのかは解りませんけど…、強くなりすぎる可能性を秘めた漁師は調整が必要でしょうからともかく、パティシエみたいに同じく今年に入ってからのイベント特攻で実装されたシリーズ涙目ですね。
今年に入ってからのイベント特攻は全て端から★6実装の予定があった、んだとしても、既存の★5停まりの特攻シリーズはまだまだまだまだまだまだ過去に沢山残ってるので、なんでその子らを飛び越えていきなりの龍人★6実装なのやら。
(このシリーズには個人的に恨みと言うか…うんまあやっかみみたいなものがあるので、色々言いたい事はあれどやめときます…)

かと言って古参キャラの回復シリーズやどうぶつシリーズの★6実装に疑問がないと言う訳じゃありません。★6が増殖しすぎで★6の価値低下=全体の難易度に更に上の難易度追加に結びつくのはいずれは避けられない話でしょうけれど、無課金で手に入る割に雇用場面が限られる(ベターな構成ではほぼ使われない)キャラが★6実装の先駆者となると言う訳の解らない仕様。
(厭な話ですが、課金を促すならガチャ限キャラとドロップキャラには明確な強さや使い勝手や見た目の差別が必要なんですよね、この手のゲームのセオリーとしては…)
★6素材の追加、と言う点から、過去のシリーズに順次★6が実装されていくだろう展開への期待も、同時に難易度のインフレの始まりであるのも大凡間違いなく。

運と状態異常が必須なのが一向に変わらない、固定ダメージしか与えられず、一度タゲが入ったら集中攻撃や毎ターン同じキャラが狙われる事の多すぎる大雑把な思考ルーチンの敵。
それらのゲームバランスが全く改善されない中で(しようがないと言う話も)、幾ら★6を実装しようが、融通が利かなすぎるコンビネーションや、やられる前に殺った方がベターなシステムでは微妙な存在でもある回復スキルのキャラたちに、レアリティが上がった事に因るステータス上昇以外の未来や使い所が生まれるとはそうそう思えないと言うのが正直な所。
彼らの世話になる序盤のプレイヤーやデッキの強さでは、とてもではないけれど★6素材なんて手に入る訳もないですし。
一言でまとめると、「苦労の割に全く合わない」★6の、★6のバーゲンセールになるだけの実装をする前にもっと改善すべき点とか考える点はあったんじゃないでしょうか、と言うおなはしです。
ぶっちゃけて、全く無課金で初代や童話をガチャ運で一人やそこら入手していたとして、特殊素材超激辛をクリア出来る見込みってかなり低いんじゃないでしょうか。ぷよPでカーバンクルや黒ポポイ、追撃組の★6を用意するのも厳しいでしょうし。
今後回復スキルなどの役に立つクエストでも出て来ない限り(それも限定的な話に限られますが結局)何の為の★6なんだと言いたくもなる面子ですね…。


さて問題は、もう過ぎて仕舞った現段階ではなく、ここから先の話です。エルフ巫女シリーズや幻獣姫シリーズはイベントっ子ですから、ロック、エジプト、追撃シリーズの様にぷよPでの★6実装の可能性の目は十二分にあるでしょう。
ただでさえ昨今イベント報酬っ子の上限が入手時から★6、必要経験値も少なめとなっています。でもステータスは★6だけあって、きちんと育てれば充分に★5止まりのガチャ限定キャラたちを上回ります。
既存★5止まりのイベント報酬っ子たちもこれに続ける出目は果たしてあるのでしょうか…?
そして既存の★5止まりのガチャ限っ子たちも、★6になる可能性はあるのでしょうか。
今回★6実装がされた、ドロップ入手、友情ガチャ入手可能な面子の子たちは割に合わない★6素材。
ガチャ限の子らもドロップする★6素材で、となったら、ガチャ限定★6後々追加の先駆者のまものガールズ特殊固有素材やクエストは一体何だったの?となるし、まものガールズだけが特別にクエストと固有素材を有さなければならない理由もない筈。
じゃあ★6キャンディーなどの素材は何の為に実装されたのやら…?(★7実装とかだけはやめて欲しいんですが)
全部シルチケや友情ガチャからも出て来る子たちに★6が実装された時の為の素材??だとしたら状態異常の精霊シリーズ以外に苦労して特殊素材超激辛を抜けるメリットが何も見当たらないんですが…。
ガチャ限定キャラたちのへんしん素材になるなら、特殊固有素材を持つ子たちやそのクエストは一体何だったの??
なんでしょうねこのちぐはぐさ…。運営のビジョンが見えて来ないゲームって不安しか感じられないんですよねどうも…。

*

……ともあれ。色んな意味で色んな事が、自分の中では頭打ち気味かなと、桃まん収集〜ギルイベの最中ずっと考えていました。

収集の個数が増えて、特攻が複数でもいなければ石何個も叩き壊して運出現のチャンスボスを何度もひたすら待たなければならない事が増えたこと。
肝心の特攻は欲しくもないのにガチャ回しと言ういつも通りの仕様ながら、大当たりに巡り会うには相当リアルマネーが必要。或いは運。特攻枠が減った為に必然的に特攻そのものを引ける率も下がった様な。微課金で出来る範囲のボーダーラインが引かれて仕舞った感じ。

★6ドルルがやっと実装されて、リダスキのコンビネーションUPがどうぶつシリーズ(や歌姫ハーピーなど)より高くなって★6貫禄が出たなあと、お気に入りの子だけに喜んだ直後の同一倍率リダスキの★6どうぶつシリーズの実装。
(Wドルルはキャラ被りで助っ人コンビネーションから省かれるし、どうぶつシリーズにドルルと共通したコンビネーションのボス?!やナゾ多きとかを持つポポイがいるので、そちらのがシナジーを感じられるとか言う話も…)

キャラの性能や使って行ける局面が限られているのに、割に合わない難易度の★6素材クエストの追加。クリアするのに割に合わない★6面子。(現段階では)
生憎図鑑埋めは必死でもないので…。

ギルイベは相変わらずある程度行くと一撃死の、速やかに撃破したいなら攻略パーティを選ぶ仕様。もしくは一撃特攻隊をひたすら繰り返す血涙の作業。ひとりだったらとてもやってられません。
★6新規キャラを増やしても使える局面が、難易度の高過ぎる所には所詮ないと言う予感も早くもしてますし…。


自分が、天使シリーズ、アリシア、オサキなどのまだ★5までしか実装されていないキャラが好きで使いたがる為に、龍人シリーズの★6強化などにイラっとしたと言うのはあります。(本音
★5キャラ自体も高難度ではウンディーネを始めとした状態異常面子しか採用したくないほど、★6キャラとのステータスの開きもあって「弱くて使えない」「弱くて使い辛い」(要するに難易度に対してリスキーすぎる)状況になる事もしばしば。と言うか激辛レベルから★5は三体以上の集中攻撃お断りな事が多いですが…。
既存のシステムやバランスの侭で行くなら、もっと多様なキャラの★6の実装が順次追加されていかなければ、或いは特殊素材超激辛をクリアする苦労、それに見合った★6と言う存在でなければ、正直やる気が頭から挫かれます。ていうか挫かれてます。
そして、この超激辛の難易度で、好きなキャラの★6が実装されたとしたら、石何個叩き割ってその域に達すればいいんでしょうか…。と言う意味で今回思い切り挫かれました。

上記の好きな子たちが★6実装した姿を見るまでは…、なんて思ってはいますが、イベントなどでお互い頑張るとか連携するとか、そう言う面以外での自軍を趣味で育てたい「孤独な戦い」にはもう、ちょっと勝てないかも知れません…。
好きなキャラを使ってゲームを楽しみたい、自分のプレイスタイルには、「この難易度をクリア(と言うか周回)する為にはこのキャラを使わないとキツい」と言うのがほんと苦痛でしかないです。
好きな子を好きに育ててそれを雇用して行きたい、と言う自分のスタンスと、コンビネーションのシステムも噛み合ってませんしねそもそも。
ぷよクエはPTのHP合計ではなく個別HPですから、「弱い」子が真っ先に沈没すると言う解り易い形で落とされる率が結構に高いので、そこも厳しい。
まあ、根っこの部分では所詮、向いてない、と言う事なんでしょうね…。今更ですけど。

………じゃあ愚痴りつつもなんでプレイしてんの?と言う感じですが…、
やっぱり好きな子を好きに育てて使っていければそれで良いんだけどな、と言う部分…?ぶっちゃけ運ゲーぷよパズルに興味や楽しみはほぼ無いので、それだけキャラの見た目で好きだな、育てたいな、と惹かれる部分があると言う事でしょうかね。愛着とか?
但しそれを使ってプレイ出来れば、と言うのはイベントや高難度系のクエストでは全く合ってませんが。

正直なところどうしたいのか、どう在って欲しいのか、と言うのが自分でもよく解りません。現状に不満、先行きに不安?と言ったところ?
好きだからこそこう言う事で波立ったり凪いだりして仕舞うのだとは思いますが…。ただ、課金云々育成云々は関係無く、自分のプレイスタイルと合わないのに何だか好きな場所になって仕舞った事に対するジレンマが生じて仕舞っているのは間違いないです。今までにもギルイベやギルバトや高難度系のクエストの度にそれはつくづく思い知って来てはいたんですが。
リトルノアもそれでちまちまとプレイ(というかほぼログインと施設アップグレードのみですが)してるんですが、対人やレイドとほんとプレイスタイル全然合わないのに何となく…と言う感じですし…。

取り敢えずは、超激辛の物見遊山ぐらいと、特殊素材赤激辛のいつものマラソンと、かれこれ二ヶ月以上待ってる★4緑キャンディー1を探す旅をしつつ、いつも通りの育成をだらだらとしてますかね…。
アリシアの+300達成まであと回復10なので、今後どうなっても最低それだけは達成したいとーこーろー…。


……………と言って執着を何か一生懸命考えてしがみつこうとしながら愚痴るとかクッソみっともないのは承知の上ですとも…。

name
email
url
comment