求めてたものはこうじゃないんだ…

……うーん……。
前回の黒アコール先生の時からなんこれ感はあったんですけど…、
ストーリークエストって言うか、所謂ぷよシリーズの「まんざいデモ」が実装!と言う風に当初捉えていたので、どのキャラクターでもリーダーにしたキャラがボスと汎用台詞で良いから会話(や一言づつ)を交わして戦闘開始!……と言う想像だったんですよ…。
ところが蓋を開けてみれば、専用ストーリーの連続クエストとそこで交わされる会話の実装と言う感じだったので、まずそこで第一ガッカリ。
まあ想像と違う事ぐらいあるわな…、と前回の黒アコール先生のストーリーをプレイしてみる。
と、学生キャラたちと黒ポポイを相手取った、アコール先生と言うチュートリアル且つプレイヤーを連れて回るのに違和感のない人選は良し。
結局はストーリーとか紙以下の薄さで、単なる黒アコール先生の素材集めと言う結果に終わった訳ですが…、
今回のアルベルトのストーリーは普通に訳が解らないよ…。存在意義的な意味で。ポジション的な意味で。そこで第二ガッカリ。
会話の掛け合いはそこそこ楽しめましたが。うみうしウザかわいいな。

何せ魔法使いシリーズと言えば実に使えない(と断言しちゃうのもアレだけど)シリーズ。特に赤は完全上位互換スキルのドルル且つガールズコンビネーションに圧倒的敗北中。
そこに追い打ちをかけるように、現在ぷよP交換所が赤のターン。ドルルも勿論居ます。
クエストの意義と言うか構造はほぼ、まものガールズなどのドロップクエストと同じ流れ。
但し合間にストーリーがあって敵難易度も適度に低め設定と言う感じ、でも、助っ人固定アルベルトがほぼ死にリーダースキル(ちなみにボスに緑はパプリスとパノの二人しかいない)、の癖に道中で発動するといちいち発動のお知らせがウザ過ぎる、と言う状態になっており、結果的に助っ人雇用不可で結構にHPの高いボスに挑んだりする訳で、そう言う意味では地味に難易度が上がっているとも言えるかも。
★6実装したので★6の特殊素材をドロップします。無料でアルベルトを一人をあげるので育ててね!……と言うごり押しじみた内容。
★6実装の早さと言い以前のとことんクエストと言い、なんか魔法使いシリーズのごり押し感が酷い気がすんですがどうなんでしょう…?
て言うか人気投票とかやった癖にどうしてその結果をこう言うイベントで活かさないで運営のごり押しキャラを使った、正直どうでも良い掛け合いを見なくちゃいけないのやら…。
(ぷよクエはパズル部分を楽しむ側面が強いと思うので、冗長なストーリーみたいな小劇場よりも、簡素な掛け合いでいいから、もっと多くの通常クエストとかに実装した方が良いと思う…。(会話オンオフのオプションは必須になるけど)
個人的には、とことんクエストぐらいの会話でよかったんだけどなあ…)
初代とかのお馴染みキャラより、ぷよクエオリジナルキャラを使った方が、古参ぷよファンの怒りや不評を買わずに済むし、ぷよクエオリジナルキャラを推せるとか言うのもあるとは思いますが、今回の魔法使いシリーズのストーリーはほんと誰得なんですかねえレベル。
もっと他にぷよクエオリジナルの、当初から居て最近★6を実装したキャラとか居るでしょうが…。
そう言うキャラ達を使ったり、人気投票を全く活かさないって、訳わからんですよ。

図鑑を埋める気も無いので、今回のイベントは★6赤ゼリー(現状龍人にしか使えないので用途未定)を予期せず手に入れられてラッキー…?って所でおしまい。
魔法使いシリーズの残り四名も順次ストーリーで★6解禁、ってスタイル取るんですかね…?
仮にも去年のガチャ限且つ実装数日は有用な特効だったキャラを無料で配るって何かアレですけど。

name
email
url
comment