全世界災厄となるか否か

もしかしてマイメログリムに合わせてくれたのかな、と激しくテンション上がった瞬間。
偶然でも燃えますねこういうの。


ロードラ6.3.0。遂に…遂にマルチ実装の時を迎えて仕舞いました。
スマホゲー=ソシャゲは元よりソロプレイでありつつ他ユーザーやギルドの力を借りる事が前提だったするものが多く、中でもレイドや疑似対人、ランキング等の機能を持つものはユーザー人気が高い反面敷居が高かったり(ある程度そのゲームの『腕前』や収集した知識や強キャラクターが必要など)、プレイ感やユーザー間がギスギスしたりするイメージがあります。
当然ですがコミュニケーションや競争要素が増えれば増えるだけ人は躍起になってハマる為、ギスギスしたり一見さんやユルいプレイスタイルお断りになる訳ですが…、

ロードラの良い所は、そう言った競争要素やコミュニケーション要素が殆ど無く、各個人ハマっているなりにキャラクターの収集や育成に好きに勤しめると言う所にあると思います。
魅力はストーリーや音楽やキャラクターと色々ありますがそれとは別に、各個人好きにやって、必要ならばゲーム外でコミュニケーションを取れば良く、互いに或いは個々で自由なペースでソロプレイを楽しむ事が出来ると言うのは、手元で時間の合間向けの用途を為して来たスマホゲームとしては凄く重要な要素でしょう。
勿論人には因りますが、「手元で」「好きなペースで」「いつでも」「何も気にせず」と言うのは元来のソロゲーマーで、昨今の何でもオンラインやマルチ流行りの風潮には馴染めないタイプとしては実に理想的でした。

……まあそんな個人的な前置きはさておいて。
正直、マルチ実装と言う話が出た時には生放送を拝見しながら思わず否定的なコメントを流しました。
社会生活の上ならば兎も角、時間を楽しむゲームの中でまで気を遣ってプレイしなければならない事にはストレス以外の何も感じられない、と言うのがぶっちゃけた本音。
それもありますが何より、ユルく個人プレイを楽しむロードラをプレイする上で、同じプレイヤー間でギスギス感や苛立ちなどを感じると言うのは凄く厭だと思ったんです。

幾人ものユーザーが不安と期待を抱える中で実装されたマルチは、生放送での公言通りに「お試し版」となっており、バグフィックスの他、ユーザーの意見なども取り入れてから本格実装、となる運び。の予定。
「お試し」β版をプレイした端的な感想は「良くも悪くもロードラらしい」と言った所。
乱入可能なロードラ。共闘を狙うも一人突っ走るも好きずき。但し共闘をした方が報酬が多い。
単純に戦闘のプレイ感はいつものロードラと殆ど同じ。共闘があろうがなかろうが殆ど同じ。
ユルくて自由で少しイラっとしたりしても、まあこんなもんかと(諦念にも似て)思える。そんな感じ。
マルチ実装と言う事実は変わらないのだから、否定的だろうがなんだろうが納得の妥協点を見つけるしかないと言うのがまあ正直な所なので、そう言う意味では期待を酷くは裏切らないでいてくれたかと。
……まあ今後、マルチ限定のドロップや高難度が実装され、否応無しに共闘や各自判断を強いられる様になったらどうなるか解りませんけどね。

*

三行でまとめられないロードラマルチ個人感と思い当たった問題とかのまとめ。間違いや勘違いあったらすいません。

・フレンド枠=マルチ助っ人枠×最大3
自軍から3キャラ+追加3人各自リーダー1キャラの合計6人PTと言う、既存のフレンド雇用のシステムと似た感覚。
少なくともお試し版難易度では6人フルでなくとも、舐めてかからない限りはなんとかなる。ソロでも問題ない、やったね!(白目

・スキルについて
なお、マルチ助っ人のPSは反映されず、自軍PTのPSのみ発動。
フレンド枠同様にASは自由使用可能。
PnSはメンバーに亜人がいなくてもスペパネが出る。
LSは自軍のはいつもどおり、助っ人枠のものはプレイヤー毎に共有されない別カウントで、共闘の合流時に使ってあげる事で貯まる。様な気がする…。多分…。(自信無し

・HPについて
自軍のHPに、共闘が開始されると助っ人のHP分が回復&追加される。
自分の画面で見ている敵の攻撃で減るのは自分のHPのみ。カウンター時にトチって攻撃しても助っ人を巻き込む事はない。

・敵の行動について
いつものターン表示とは別にカウンタがあり、何もしないで(ターン経過をさせないで)いようとしてもカウンタが一周すると1ターン減る。人を待つなら戦闘中ではなく移動時が無難。

・共闘について
助っ人の戦闘中パネルに到達すると助っ人として参戦する形になる。自分が戦闘中の場合は助っ人が飛び込んで来る。
前者の表示は自分の所に助っ人が参戦する形になるのでやや残念。せめて後から追いついた場合は自キャラカットインになるとかの方が良いのでは。
共闘が出来るか出来ないかは道パネル次第。その為かお試しマップの幾つかは強制移動で道を概ね一本に固定する事で、狙わずとも共闘が楽な仕様になっている。
敵との戦い自体はダメージのラグもあって余りアテにならない。LSを溜めたいとかそう言う場合だけは注意が必要かも。基本的にさっさとパネルを消して戦わないと皆ガンガン進んで仕舞う印象。
敵HPは多いがターンも長いものが殆どなので、基本的には自軍と助っ人たちとでフルボッコしていくだけ。
雑魚敵=共闘用イベント、みたいな。

・マルチ参加のコスト
スタミナは一切減らず、マルチチケットと言うマルチエリア専用のスタミナが消費される。
募集側と参加側でコストが違うものもあるが、現在は1〜3の間。
現在の所マルチチケットはランクを問わず一律10上限で、1回復に1hを要する。10時間放置で全快と言う事。結構に厳しいコストとなる。
お試し版ではスタミナ回復用の「スタしろ」の売却に因ってスタミナと同時にマルチチケットも1回復するお手軽仕様になっている。
本番ではマルチチケット回復はスタミナ回復と同様石を使う予定だとか。………10回復に石1はボッタクリと言わざるを得ないと思う………。
課金やランクでマルチチケット上限が変動したり、マルチチケット回復用よりしろが実装されるのかどうかは現在の所では不明。
マルチ参加がスタミナ消費ではないのは、従来通りイベントクエストなどが開催されている時にはそちらに集中して良いと言う優しさの様だが、このマルチチケットの仕様次第では一気に課金地獄の阿鼻叫喚やマルチ過疎になりかねないので、慎重に考えて頂きたい所。
なお、ランクアップするとスタミナ同様にマルチチケットも全快する。

・報酬について
従来クエストのチャレンジと似たシステム。
マルチの各エリア毎に定められた報酬条件があり、それを満たすと条件に応じた報酬が増えて行く。
報酬であるグルトメダルは通常クエストでの「魔導書」の種別が解らないバージョンと思って良いかと。つまり極力多くメダルを入手する事がより多くの報酬やレア報酬を手に入れる為の手段となる。
マルチチケットの1hに1回復(或いは石)と言うコストを考えると、1マルチプレイの間に極力多くの、或いは最大限報酬を入手したいと思うのが普通。
が、ここが今の所のロードラマルチ上での問題点でもある。
何しろこのメダル「チャレンジ」は、達成するもしないも各自の判断に委ねられている。
チャレンジ内容はメニューから確認か、マルチエリアに入る前に確認が可能だが、これに気付かないのかはたまた興味が無いのか、例えばチャレンジ内容に「共闘」が前提の枠があれど、一切合切を無視したプレイをする人が矢張り居る訳で…。
これに対して強制出来るシステムでは無い以上、報酬メダルの「チャレンジ」要素はソロでも達成出来るものである事が望ましいかと。共闘二回でメダル+2条件とか、ソロ時では最低1h分のマルチチケットを無駄にする羽目になって仕舞う。チケットコスト3のマップでは、現在はスタしろ回復があるから良いものの、これが無いと想像するとなかなか笑えなかった。
道を自由に作る、と言うロードラの基本システムであって売りの部分が、マルチによって「足並みを揃える」=皆同じルートを行く、事が、強制ではなく暗黙の了解の様になって仕舞う、と言うのは本末転倒な気がする。
大量のキャラ毎の専用カットインの実装など、共闘がマルチの売りである事は当然だが、共闘の有無に因って得るものが変わり、マルチチケットのコストに泣く、と言うのは……。
募集した方がコストが高くて、参加してきた人の行動に泣かされるのは流石に色々とキツいものがあった。

・あるある通信切断
iOSの仕様もあるだろうけど(Androidは知らない)、通知系で切断ヒャッハーと言うのが矢張り恐怖。まあこればかりはロードラ側にはどうにも出来ないから仕方ないけども…。
着信、バッテリー通知、メール通知、通知センターやコンパネの誤爆や操作。スリープ状態。うっかりホームボタン誤爆。その度切れてソロプレイ移行と言うのは居た堪まれないホント。
ずっと待ってて人が二人入って来てくれた所でメール通知誤爆で落ちた時は(´゜A゜`)こんな顔になりました…本当にすまんかった。
音量操作とか画面の明るさ操作とかしたくても出来ないのがなあ…。
オフラインに移行した時はNPCみたいなのが加わってくれて適当に動き回るそれと共闘出来るとか、そう言う鯖負担とバグが恐ろしそうな機能は付けられないもんですかねえ…。

・専用カットインやATS
自分のが見れないのが一番の問題だ…。前述↑したけど後から共闘に飛び込んだ時は自分のカットインが表示される、で良いと思うんだけどなあ…。
ともあれ、キャラの数揃っているだけあって重い時間は画像が読み込めず、コ○ンの犯人の様な黒塗りラビが格好良い事言って飛び込んで来ると言う実に御粗末な感じに。
このカットイン乱入って結構大分燃える要素なんですが、他人と協力でもしないと見たいキャラを見れないと言うのがほんと残念過ぎるんですて。
ATSについては気付かない人も多そうなので、もっと「タップして!」的なマークを出すぐらいの主張があっても良いのでは。あとはエリア毎のアドバイスとかがあると読む重要性も増すかな。とか。

・マッチングについて
いつでも参加OKと言うシステムを謳う以上、今後もマッチング関係に制限がかかる事は無さそうですかね。足並みを揃えたい場合は入り口付近で突っ立ってるしか。1hの制限時間はまず無くなる事はないと思われるので、スリープ移行=切断とバッテリーの消費だけが敵。
募集をかけてルーム作成して待っている系は余り好きではないので、自分の待ちの気分や都合次第でソロに移行するもアリ、途中で人が来たら立ち止まって待ってみる、と言うこの塩梅は良いと思う次第。
約束をしたい場合は「フレンドのみ」で募集をかけるしか無い感じなので、普段お世話になっているフレンドさんと遊んでみたくとも、フレンドのみ募集だと逆に「待ち合わせかな」と思って参加出来ないと言う難点が…。
制限無しにしてもフレンドさんと何度か巡り会えたので、そう言う驚きもアリかなと。

・報酬についてその2
上よりやデラよりなどが美味しい、と言うだけなら何も問題無いでしょう。前述の報酬チャレンジと各自のプレイスタイルとの差異にもまだ諦めがつくかと。
但しそこにマルチ限定ドロップ、と言うものが出て来るとなると話は別。
今回はお試しの「お試し」なのか、★4のクリーチャー風の、性能やアクセ性能がどうと言う訳でもないキャラクターがドロップするエリアがある。
募集コストは3。参加コストなら2。2や3もかかるとなると容易く周回と言う訳には行かないでしょう。スタしろで回復出来る今でも、いちいち山賊の宝を漁りに行く必要が生じるので手間は手間。
即ち一周で報酬チャレンジは極力全てを満たしたいと思う筈。だと言うのにそんな所に限って共闘でや敵撃破数での報酬増と言う条件があると言う…。色んな意味で「お試し」、試されてる感。
つまり、参加した以上は足並みを揃えて共闘を行ったり、敵の撃破数に気を付けたり、さっさとクリアしないで待ったり、と言った、報酬チャレンジ達成の為の「暗黙の了解」が求められる事になります。
要するコストが高ければ高い程、得られる報酬が限定的であればある程、そりゃあ神経質にもなるでしょう。
これはロードラ内ではまだしも、プレイヤー的には「暗黙の了解」が叶わない事に苛立つ事になりかねない話なので、「お試し」ならまだしも、マルチのコストや報酬条件を含めて再検討して頂きたい所。
いつものドロップ周回が、より酷いマルチドロップ周回になるってだけで既にどうかと思うのに…。

・難易度
現在の所はユルい。が、丁度良いかと。よりしろ系詰めとか余程遊ばない限りは倒れる事もなく。
四人揃うと余裕過ぎ、一人だとグダグダするぐらい面倒くさい事も。よくマルチプレイゲームにある、人数の増減で難易度(敵のHP)とかが変動するシステム……は難しそうだしなあ…。
一人だとやや長いものの、二人以上入ればプレイ時間は普通のクエストと然程変わりなし。
但しHP1攻撃とかはソロだと致命傷になりがち。
また、PSが自軍しか有効ではないので、キャラによっては足手纏い状態になって仕舞うのが現状ちょっとした問題点風。ASなどを有効活用出来る子ならともかく、のびしろなどのよりしろ系は元々のステータスの低さもあって、ネタや和み以外では結構に問題。エスケープも無効なので結構問題。
マイメログリムもアリスも、MoHなんてまず使わないしなあ……と天を仰いで仕舞う次第。自分のよく使う所ではロレッタもLS貯まらないと(自分以外では)意味稀薄だし、えるたそもパネル回復だけになるしラムラやMariaはただのアンリミ杖になるし…。
マルチ参加中は通常時助っ人としての事を考えられないのも難点。助っ人用のリーダー固定とかいい加減あっても良いと思うんだけど…。通常クエストやるのにキャラ探すのが凄い大変になった…。
PS無効に因るキャラの格差(マルチ助っ人時の有用さ)が結構大きいけど、今のところの難易度では特別問題視する程ではない、と言う感。

*

まあ色々問題点はありますが、どうあれ「暗黙の了解」やローカルルールみたいなものは、多かれ少なかれ、なんでかんでと風潮として生じるものでしょう。問題はそれらの「ルール」とシステムとの上手い共存かと。
現状それらの感情や要望を伝えるチャット的なものは存在しませんが、無くても不自由は感じないなと言う感じですね。精々ROみたいなエモーション的なものを挨拶変わりに出せても良いかな、ぐらい。
プレイしていて、自分が行き先を考えて止まったら助っ人も近くで待ってくれたり、遅れて入って来た人が居たら手を止めたり緩めたりと、偶然でも気遣いでも暗黙の了解でも、ユルい感じながら通じている感があると心地良いですね。意思疎通の手段が無いだけに余計に。
そう言う事が全く無い時もあれば、優しすぎる出会いもある。
現状(報酬必死狙いが無ければ)では適当にユルくてロードラらしいマルチなのではないか、と言うのが感想総まとめの一言。

第二災厄が何がなんだか解らない内に終息して始まった、「全世界討伐」と銘打ったマルチのイベントが今後ロードラ世界でずっと保たれて行くのか、また少しづつ形を変えて行くのかどうかは解りませんが…、今後のイベントクエストとマルチとの比重が気になる所。
ヴェルベットの口振りでは、悪食の徒を倒し続けなきゃ駄目、ぽいので、グルトを絡めつつ戦い続ける展開になるんでしょうかね…。
マルチでストーリーを語られ進められると言うのは正直余り賛同し難いと言うか…。
何れにせよ今後のロードラの進む先に乞うご期待、と不安とを抱きつつも、マルチをユルく体験しながら育成やドロップに励む日々には当面変化無さそうですね。

name
email
url
comment

2016.01.23 07:58
あさゐち@祭
http://sigha.tuna.be
お久し振りです。
同じく、お試しマルチの、強さや繋がりを特に強制されない適度なユルさは良かったと思っております。
今回の虚口エリアの様に、マルチはマルチで開催期間長めの単発イベントを時折開催して行く形式になるのではないかと言うのが、かなり困りますが、想像。ATSも自主的にバナータップをする事で見させるつもりなら、長いストーリーを出すのは難しそうですし、クエスト中会話も無いとなると演出的にもどうかな、と。
果たして、全世界討伐、と言うイベントが今後マルチの代名詞として続くのか、皆で戦わなければ!的なイベントがその都度用意されるのか…。
ストーリー的にプレイヤー「達」のポジションも今一つ解らないと言うのも。皆「選ばれし者」なら各自の認識は設定的にどうなっているんだろうとか。その辺りの摺り合わせは気になる所ですが…。
ストーリーを語るマルチ登場キャラクターのドロップ(報酬)や、共闘する仲間のキャラや強さで苛々する様な高難度が今後もしも実装されて、今のお試しマルチの適度なユルさが無くる様な事が無い様願ってます。石割ってマルチ、でそれらが出たらギスギスする事請け合いですからね…。

2016.01.22 22:00
ぶどう
祭さま、おひさしぶりです。
マルチはいまのところゆるいし、SNSでガチガチにつながってないと参加さえできないみたいな状況ではなくて安心しています。
ギルドバトルとかレイドボスとか、共闘キャラの強さ=フレンドの価値のようになってギスギスするのが一番いやだったのでゆるくてよかったです。
ただ、ロードラ特有の「自由な道づくり」が共闘回数によって得られるメダルが変わることによって、共闘優先させなきゃという気持ちに変わってしまうのは少し勿体ない気もします。

今はスタしろ売却でたくさん遊べますが、石を割ってまでマルチをする意気込みは私にはないです。

マルチでストーリーを追う形式になったら私もちょっと困るなあと思っています。全世界討伐はこれからも続くのでしょうか。

これからマルチ含めどのように世界を展開していくのか、またゆるく楽しみに見守ることにします。ロードラのよさはの一つはフレンドやギルドに依存しないし対人戦もないのでゆるくいられるところだと思っているので、その空気感が変わらなかったことに安堵しています。