ヴァレンタインなデー

結局ディズィーは来てくれずに四人目のソルと八人目のエルフェルトが来て仕舞ったので、

折角初の(限定フェス産)完凸SSRしかも使用頻度のそこそこに高い弓キャラなので、弓ミッション終わったから当分弓入れたくないーとか言ってた自分の意見は一旦無視して暫く連れ回して見る事に致しました。

まずキャラクエが今回のコラボストーリー(二話目)に直結していたのが面白かった点。
また、キャラ紹介の文言から悪人系なのかと思いきやフツーにシンと仲良くしてるどころか仲間みたいだし、コラボストーリー中の「彼女」は別人みたいなものらしいしで、普通に面白いお嬢さんでした。アマツとの掛け合いも愉快だし。
見た目や声も普通に可愛いし、武器は銃だのショットガン(ぽいの)だのブッ放すし好みと言えば好みなんですけどねー…。如何んせん元キャラを知らないのであまりコラボ印象をすんなり受け入れて良いのかどうかは判断の難しい所。
さりげに戦闘中のSDキャラの「目」が好きですね。瞳孔がクワッとしてて無機質な感じとか。性格に合ってはないけど。

*

……で、スキル1が範囲狭ない?と思ってゲージ貯めてはスキル2ばかり撃ってたんですが、よーく見るとこの範囲、上下列もカバーされてるんですね。前方も1マスじゃなく2マス目までかかってます。
ので、真ん中列で敵密着距離でブッ放せばこの通り、上下と奥二列にまで範囲が及ぶと言う意外な発見。
ディズィーのガンマレイやソルのタイランもですが、ギルティコラボキャラは技の範囲が一見狭く見えて実はそんな事は無いと言った印象。
2D格ゲー的な意味での攻撃有効範囲を再現したのか、格ゲーキャラ故にPSを必要とさせたのかは解らないですが、ちょっとでもマスに入っていればマス全部が当たり判定になるので、ギルティSSRキャラは三人共に真ん中列で真ん中列の敵に密着してスキルを撃てば、ほぼ上下3マス奥行き2マスまでの範囲があると言って良いかと。
逆に、上下列に居て斜め移動をしたりすると上手く範囲に入れるのが難しい、上下にしか敵がいない場合はポジ取りが難しい、と言う無駄な高難度操作を要求されると言うね…。
一見、攻撃範囲狭いなあと思わせる謎の罠と言い、どうしてこんな無駄に使い辛い範囲にしたのかほんと謎。ガンマレイとか元ゲーのごん太印象通りに画面目一杯でええやん…。

ともあれ、エルフェルトのスキル1であるMissトラヴァイエは、1マナ吹き飛ばし付きと思えば、後衛の防衛線を張れるマミさんのティロ・ボレーと同じ様な運用が出来る訳です。ボレーと異なって範囲に入れ辛い難点はあるけど。(敵攻撃をスカしつつ攻撃有効範囲を捉えて撃つのは難しそう)
……但しゲージ溜まっちゃったら泣くしかないので、そこには出来るだけ通常攻撃をさせない様に歩き回るエルフェルトの姿が…!
ゲージ使う分自前で確保出来るマナポロ持ちなら良かったのにねえ…。(マナスロ2はあるけど)
ぶっちゃけスキル2の方が範囲狭いんじゃないでしょうか。飛翔距離は前方横一列ですが、着弾後の範囲はくーちゃんのスキルと同じで上下は3マスカバー出来るけど奥はあまり…と言う感じだと思われます。
幾らダウン効果が付いているとは言っても、1の使い勝手の良さ(相対的に)を思うとゲージは寧ろ邪魔ですかね…。レジェンドミシディア姉さんと同じで。
ゲージ制じゃなくてマミさんみたいに立ち位置でスキルが変化するタイプだったら良かったんですがうーん。色んな意味でトリッキーでテクニカルな運用を求められるの勘弁してくだしい…。
ソルもスキル1がドラインでドライン中スキルがタイラン、ドライン中スキル2が超必感ある技だったら良かったのになあ。

*

…と言う訳でなんとか彼女の良い所を探そうと奮闘中。

name
email
url
comment