めりーたのしみます。

本家聖人より何だか神々しい…!

聖人シャディアに元聖人リリスを伝授したらクリスマス度が良い感じに増したよ!
…と言うかクリスマス調なのに普通に神々しいですね聖人シャディア。

そんな訳で去年に続き今年もクリスマスだよチェンクロ世界。
今年はクリスマス舞台の踏破イベントでした。
然しチョイスがまさかのエシャル篇で、当初のイメージは、砂漠で聖夜、だと…?みたいな感でしたが、ストーリーと言い演出と言い面白かったし良かったですほんとに。

ストーリーが王道クリスマスじゃなくて、いつもながらに湖都らしいゲスさから始まって容赦なく叩いて叩いて来る鬱を交えて来るのも、チェンクロってほんとストーリーを楽しめるなあと言う感じで。
一番悪い奴がどう裁かれるのかが解らない後味なのも結構好きです。すっきりしないだけに苦しさが残るのも。…まあBOF4のユンナ的なのはやりすぎですが。
今回の悪役は、エシャルは裁かなかったけど、ファラやカリファは何か上手い事葬っちゃいそうな気がする。そんなシビアな現実臭さを想像出来るのが湖都。

特効の二人と報酬がクリスマス着替えの既存キャラ、つまりVer2商法なのはちょっとアレかもですが、三人ともエシャル篇でのメイン演出になる「舞台」を演じる上での配役と言う扱いで、単に着替えただけじゃないバックストーリーも互いに付属していて、ストーリーが全体で一個の舞台作りになっていると言うのも面白い。
その事を表す様に、いつもと違う踏破マップは絵巻物みたいな形で舞台の内容を描いていると言う演出も。
シャディアとジブリールとエシャルが三人なりの自分の配役を見出して行く段も、話として楽しませてくれるだけじゃなく物語の骨をちゃんと作っていってて、特にジブリールが単なるチューニなりきり着替えでなく悩んだ挙げ句のキャラ作りをしていたのもしっかりした話で、普通に面白すぎでした。

……まあそんだけ楽しげイベントだったんですが、表記ミスからの詫び石や、湖都では特効の今後入る枠は厳しいとか言う使い捨て事情などが出て来て、面白いのにケチがついちゃって残念な感じに終始なっていたのがちょっと勿体ないなあと思えた点…。
290万ポイント以降が100万ポイント刻みの報酬と言うのもやる気を削ぐ一因だったんじゃないかなあ…。
何しろ結局の所の単調な周回イベントを、単調に回す回数を増やす事を要求しただけであって…。相変わらずフィーバーは発生し辛いし、グレートなんてここ最近の踏破で全く見てない…。
そんな周回での旨みの無さや特効の扱いもあって余り走る人がいなかったのか、今回追い込みマラソンはしたけど初めて10000位以内に入りました。参加人数の問題とかであってもこれだけは純粋に嬉しかった点。
……まあ完走は出来てないんですけどね。半分で力尽きた。
特効が二人とも自前で居たのも今回が始めて。バレンタインの時は二人共欲しかったのに執拗なレミラの呪いにかかってたもんで…。
悪魔ジブリールも聖人シャディアも両方絵も良いし可愛かったので、オリジナルの二人を未所持なのに欲しくてカッとなって挑んだら確定前に二人とも来てくれる聖夜の奇跡が起きて(その後バレンタイン復刻でも更なる奇跡が…)、イベント丸ごと楽しんでいただけにほんと残念でした…。

今回の聖人シャディアと悪魔ジブリールと勇士エシャルに加えて、ちびきゃらえしゃると通常のエシャルも手に入れたしで、結構湖都が潤って来たんじゃないかなー感。……人数だけは。レジェンドミシディア姐さんやSSRイヌチヨやアシュリナ様も居るしで湖都渦今後も捗れば良いんだけども…。
えしゃるとエシャルと悪魔ジブリールの拳戦士共に何伝授しようかなあ…。

name
email
url
comment