BFT

久し振りにゲーム以外のアプリの話でも。

メモを付箋的に俯瞰出来て、もし可能ならばチェックリストにもなるTodoメモ系アプリを最近探してたんですが、幾つか試して行ってる中でフト気になった三つのアプリの話をば。
…と言うのも、左から「Blink」「Flink」「Tolink」と言う三つのアプリ、名前も見た目も用途もデザイン性も操作感覚も雰囲気もなんとなーくですが似ている感じがしまして。
見た限りでは全部異なるデベロッパーさんですし、用途も「Todoリスト系」と言う以外ではそれぞれ微妙に異なっているので、こう言ったシンプルさが流行りみたいなものなのかも知れません。
ともあれ何れもデザイン性や操作感が気に入っているもので、どれを使おうか目移りしている所です。
そんな訳でこの三つのアプリの現状での覚書でも、自分の為に残しておこうかと。
…あ、プリスクのTodoは撮影用に適当に入れたものです。

*

・Blink
この中では最も最初に知って即惚れ。微妙に使い辛かった当初から、アップデートを重ねた今ではかなり使い易くとっつき易くなってます。
フォルダもタグも特にない、ひたすらにメモ…と言うより一言や一行を記録していく俯瞰備忘録。メモれる速度はかなり速いかと。
赤青黒の三色で重要度を(視覚的に)分類出来、赤と青にはそれぞれ一定間隔での通知も付けられる。
タップ後下方スライド動作or長押しからの選択で完了となりアーカイブに移動する。
ダブルタップからのアーカイブ化にも設定で変更出来るんですが、色変更と誤動作しがちだったので(少なくとも自分は)。
一つのジャンルに特化してメモを連ねて行くも、思いつきや備忘録を取り敢えずメモって行くも自由。余りにもメモが増えるとごちゃついて来ますけど…。
ウィジェット表示も出来るので、何気なくメモを見れるのが高ポイント。

・Flink
アプリ内の独自カレンダーの日毎にTodoを振り分けられる、カレンダーアプリとも普通のTodoリストとも微妙に異なる感じの日毎Todoアプリ。
似てると言えば、My Checkboxと言う、独自カレンダーの日毎にチェックリストを書き込んで行くアプリですかね。あれにも結構お世話になってました。今もストアにあるのかな?
□や■と言った幾つかの記号が項目タップ毎に切り替わるので、それで完了なのか保留なのかジャンル分類なのかその他なのかを自分でルール分けして使っていきます。
もちろんTodoではなく、ただのメモや記録として記入していくのもあり。
ウィジェット表示にする記号は設定から選択可能な上、ウィジェットからでも記号は切り替えられるので、チェックリストとしても普通に扱えるかと。
現状、Todoリストとして使うにも、項目長押しからの移動などの手間を踏まねば別の日付に項目移動が出来ないので、未完了項目(□になっている項目とか)を翌日に自動繰り越しする機能とかがオプションで欲しいかも。
あとは、各記号毎にソート表示する一覧機能とか。

・Tolink
シンプルTodoリスト。タグもフォルダも無し。とにかくひたすら一行メモを連ねるリスト。
タップ毎に文字色が、黒>灰色>更に灰色、とフェードアウトして行くので、それで進捗や完了などのルールを自分で分けて使っていきます。項目別に通知設定も可能。
ウィジェット上でも三色変更可能なので、Flink同様それでチェックリストの使い方は出来る。
…が、黒灰色更に灰色、の先、いわゆる完了(アーカイブ化)はアプリを開かない限りは出来ない。
色が見辛いのと、新しい項目を作る時に専用のボタン(画面下部にある|みたいなアイコン)を押さなければならないのが若干面倒。余白タップにして欲しかったそこは。

*

Flinkに関しては、カレンダー型な以上、余り似てないかなと言う感じもしてたんですが、名前が紛らわしいのと雰囲気点で。
何れも、タップで項目の属性が変化し、それを使う人のルールで振り分け出来ると言う自由度がある所が好きです。
Todoリストって言うと大概が、完了or未完了(と、後はあっても保留)しか属性が無いので、自分ルールで使える=可能性も広がるな、と。
Simple todoと言う(別デベロッパーさんですが)Todoリストも、チェックや★マークや打ち消し線と言った項目を自分ルールで好きに割り振れる仕組みになっていて、やっぱりこれも好きです。

日々買い物などで目にするTodoリストとして扱え且つ、こなすのに特に期限も何も無い単なるメモも記せるもの、と言うのが前述、今欲しいアプリの機能。
よく目にして憶えとく為にも一緒に連ねておける、俯瞰して見れる付箋系と言うのが特に欲しいんで色々試してますがなかなか見つからないもんです。
あれはあっちのスケジュールアプリ、これはこっちのメモアプリ、など、色々なアプリに役割を振り分けるのが、昔は結構楽しかったけど今は億劫になって来たかなあと言うのが一番大きいですかね…。
とは言え、一時メモとしてクリップしておいて直ぐに見たりシェアしたりが可能な付箋系と、通知やウィジェットでも確認やチェックが可能なTodoメモ系と、備忘録として残しておきたい勉強メモと、長文を書いておきのに役立つ入力支援付きメモと、日々の日記と…、一言で「メモ」とか言った所で結構用途が色々バラバラで、なかなかに複数の要望を満たせるものって無いもんですねえ…。いやまあ全部を兼ねるのは無理だとは端から思ってますが。なので二種ぐらいせめて、と。
で、結局複数のメモやTodoアプリが並んで仕舞っているホーム画面を見ては溜息を吐く訳です。
かと言ってオールインワンタイプのメモアプリになると便利だけど煩雑になり易いし、使い勝手で用途を分けると本末転倒だしで。

name
email
url
comment