チョコレートの書

炎と氷と節分とバレンタイン…なんか2.2のバタバタ感とは打って変わって2.3は静かな進行だった気がします #ロードラ 。
それはさておきいつも通りのメンテ前ロードラ近況と一軍切り貼り。バレンタイン時は意識的におんなのこリーダーを心掛けて…たつもり。
前回(Ver.2.3前)からの大きな変化は一軍には特にないですね。ウィンディーネさんとハルフィリアが加入。
剣枠にも槍枠にも4人PTだと空きがないので、上手く運用出来てない感…。惜しい。可愛いから使うけどね!
二軍では、覚醒まゆ三種コンプと、覚醒クロノが火に続いて正当まで完了。水作る為の素体が落ちればラッキーかな〜と偶々挑んだ処刑人クエで見事に闇弓金本がコンニチハしちゃったので、またおいおい足手まといさん(自分のよくやるPT構成上ではドラキラ闇弓って四人では凄い邪魔で…)を連れていかないとなあ…。
後はカインさんがおれはしょうきにもどった進化などなど。

*

第一期神王将…もとい『新たな王の系譜』(当時呼び)組に遂に覚醒進化が実装されるとのことで(アプデ直後とは言ってない)、旧王覚醒も片付いていないのに感凄いですが…まあ覚醒は好みやコンプ欲でやるもんですしね。
ともあれ第一期、あまぎ、ヤマト、ザイフリート、ブリュンヒルデ、カルマ、マクスウェル、ヴァルザーク、イザベラが確定候補の様で。
あまぎは純粋に性能で、カルマやイザベラ様は固有ユニークスキルで、未だに一軍運用可能な面子が含まれているので、果たして覚醒でどんな恐ろしい事になるのか…楽しみです(震え
神王将が二段階進化でレベル上限70だった頃は、旧王>スタンダードだがつよい。神王将>トリッキーなスキルを活かす。と言うイメージだったので、正直三段階進化とレベル上限が王らに並んで80になった時点で既にえぇぇぇ…感はあったんですが……覚醒までしちゃうかぁ…('ω'`)

今と違ってそこまでガンガンセールスをしていた感ではなかった所為か、彼ら第一期神王将は一人づつバラバラに何日かおきにレアガチャ追加されてたんですよねー…。結構レアガチャのアタリも緩かったのか、無課金時の配布や獲得水晶でのおみくじワンチャンで、ヴァルザークやカルマは入手出来ました。
ザイフとブリュンヒルデはドロップイベントもありましたしね…。実装当初にあるとか、今なら批難レベル。
ブリュンヒルデは初の王系(神王将)ドロップだったのもあって未だに思い入れパネェです。使えない子とかもう言わせない。覚醒でどうかスキル変更や強化をねじ込んだワンチャンを…(震え

神王将は当時レベル30>70と変則的で、マップ宝箱増量などの調整が入る前はコンセプトもイマイチよく解らない感酷かった…。☆4の段階は、何故作ったと問いたくなる様な素通り状態だしで。固有スキルにするならする、しないならしないではっきりしろと、今見ても思います、この微妙さ。
無駄に☆4が入手困難になってると言う現状を見ると、コンプ欲を刺激する狙いだった…?!なんて。

ともあれ、手元には
カルマ>☆4、5、6それぞれ回復、体力、攻撃の特化デラ振り済み(4と5が好きなので進化させたくないんですが…)
あまぎ>☆4、6。4が好きなので進化させたくn ていうかこの間まで5がいたんですが、いつの間にか行方不明に…。レアガチャハズレのはるなと間違えて進化素材にしちゃったぽい…。
ブリュンヒルデ>☆6。☆4がもう一度欲しかったので毎回泥クエ廻ってましたが…お察し。
ヴァルザーク>☆6。……ていうかオズワルド先生のストーリー上死亡してますよね…?(震え
イザベラ>☆6。ノーマルカラーが大好きで困るのに、火カラーが美味しそうでかわいくて困る…。
ヤマト>☆6。……あ、何故か未カンストだった…。Lv71。
ザイフ>☆6。ジャンヌが来るのがもう少し早くて、ジェットが来るのがもう少し遅かったらきっと輝いてたアルケイン…。
マクスウェル>☆6。……存在感が微妙過ぎてレベル1放置してた…。ていうか覚醒王の正当杖組から見るとどうやっても劣るのをどうカバーするのか…。
……と一応一揃えはいるので、またのんびりもっさり覚醒pt溜めるエウレカ参りが順調に始まる…。覚醒ポイムがどの程度の覚醒pt持ちかで、ロードラの覚醒システムの評価やゲームバランスが大きく変わると思われるので、慎重で堅実な設定が望ましいです…。

一部虹の時代の人もいるので、性能や仕様が不安でもストーリーがどうなるのかは楽しみで仕方ないです。
ロスト・ブロンド号やワノクニの末路、竜人ハイブリッドブリュンヒルデ無双(願望)、マリアを越える予感しかしないイザベラ様。

*

ついでにバレンタインイベの話も。
精練の書でのガッカリ感をシステム的には無理でも、内容的には見事払拭しましたね!
人気のキャラがカットイン以外で真っ当に喋ってくれるというのが、ロードラ的にも「こんなんを待ってた」感。
ストーリーとかそう言う意味で見ると、どうなってんのコレ?どう言う状況なのコレ?としか言い様がないですが、お祭り仕様と言う事で、ユーリカ様が各人の書にバレンタインっ気を脚色追加してくれたんだすねきっと…。
初期組のアナスタシアやエレオノーラやフローラなんかが出て来ると言うのも個人的にはポイント高かったです。
特にヴァイオラ姐さんには初期から中期頃までずっとお世話になってたので、通いまくってヴァイオラ姐さん本人を娶らせて貰いました(´ω`)
……まあそれぞれ好きな人の為に持っていただろうちょこしろをふんだくられた、と見ると中々こちらが外道過ぎて笑えないですが。
節分同様に、背景もフワフワしといて欲しかった…!