時代の趨勢に翻弄された第一人者

ストーリー的な意味ではなく、スキルなどシステム的、ゲーム的な意味で。

*

遂に、旧王や神王将の時代を超えて、
アプデガチャ毎新キャラ「王」リリースの流れと言う、現在に至るまで(ほぼ)続いている伝統を築いたキャラたちの覚醒が始まりましたよー。
マチルダは別枠だったけど、ヴァルクさんは1.1.0.1(多分)からのキャラで、アリス、シモーヌ、ドンの同期。マチルダの関係者と言う事で共に覚醒が実装された様ですが、ヴァルクさんが覚醒したのなら、アリスが覚醒する日も近い…!筈!

話をしよう。あれは今から以下略年前…、
アンリミ槍を引っ提げたナタルはロードラ界で猛威を振るっておりました。その直後に登場したネフ姉のパネルコピーと併用する事で、火力絶大のアンリミ槍をソウルコスト4でぶっぱ出来る事も話題になりました。
アンリミ杖を引っ提げたマクスウェルは驚く程に地味な存在でした。DX合成もアクセも有用PSも碌にない時代での殴り杖なぞ奇特も良い所。なのでほぼネタ枠。
そんな最中、登場の待たれていたアンリミ弓。
鉄板リヴァイアさんのソウルドレイン、カルマのトレジャーソウル、シェルクスのソウルステップなど弓はソウル確保手段が多かったり、回復とソウル半減を備えたまゆや可能性を想像出来るフラウの遅延や弓火力のあまぎなどと言う便利要員も備えて隙無し、更には可愛い子が多かったり(…)と段々に恵まれ始めて来ていました。
大概の弓愛好家はせっつのシフトアーチを活用していた事でしょう。わたしもそうでした。
アンリミ弓の期待が高まるそんな中、前期神王将の三段目進化と共に颯爽と登場したのがアンリミ弓&ソウルハントのマチルダだった訳です。
クエスト中はともかく、戦闘中に限ったソウル確保手段はマチルダのソウルハントが初。ただでさえソウル確保し易い弓に於いて、更にアンリミ弓をお手軽に使えると言う至れり尽くせり仕様。
それどころかアンリミ弓のソウルコストは5でしたからね…。まゆと併用すれば安易な必殺技の完成です。(次に弓二倍のドンが実装されたと言うのもそれに拍車を掛けた)

そのちょっと後のファウストの実装で、ファウスト砲に大分押されたりしたものの、アンリミ弓と言う思考停止級の存在感と力は、その後最後のアンリミであるアンリミ剣を引っ提げたジャンヌが実装されても猶変わらず、運用が容易く威力は絶大と言う存在で在り続けました。
第二のアンリミ弓であるヴェルが実装されるまでの長きに渡って、マチルダさんがオススメキャラの一人として君臨していたのは言う迄も無いでしょう。
ヴェルはPSASの噛み合い具合が完璧で、単独で火力担当を全てやって除ける事が可能な、正に「アンリミ弓の為の」キャラですし、この頃にはソウルハント持ちも、戦闘中のソウルの確保手段もPnSなど多様になっていたので、純粋に弓PTでの火力を求めるならばヴェルに軍配が上がるのは仕方のない話。
ですが、図鑑のヴェルの部分が未だ空白で何故か出会いに全く恵まれない(他キャラ狙いで、出ればラッキー程度に思った事はあれど、ピンポイントで狙った事は特に無かったですが)自分的には、アンリミ弓が自前で必要な時はマチルダを使うに躊躇いも難色も無いぐらいにはお世話になって来ましたし愛着もあります。マチルダ一人狙いの課金後、数回回してレアガチャ★6で来てくれた縁はただ事じゃない。
…〜単にヴェル持ちじゃない人の負け惜しみとか言わないで下さい。別に惜しんでないので。と言うかヴェルはフレでも野良でも幾らでも確保可能だったので、自前である必要性も今に至るまで特に無く。見た目は大好きなんですけど…。
ともあれ。その更に後のディバゲコラボでカナンと言う、ヴェルと運用を悩むレベルのバランスブレイカーなアンリミ弓が登場したりと色々あって、最早助っ人欄でもマチルダの姿を見る事はとんと無くなっていたんですが(アンリミ役でもソウル確保役でもお役御免と言う風潮だったのは否めない)、ザイフやカルマ絡みのキャラだしGだしでキャラ的な人気はちゃんと保てていたと思うんですよ…。

そんな、ロードラの変遷と共に評価が転げ回ったマチルダが遂に覚醒です。
正統はアンリミの消費が4、まゆと併用すればまさかのソウルコスト2での運用が可能。
副属性はソウルハントの確率アップ。
……………〜依然として微妙なんじゃ、とか言わない…。パネルシフト系スキルやリミットアンリミやクロウリーの二度アンリミと言う選択肢も増えている今では、アンリミ弓のソウルコストが2と言った所で然程に魅力を取り戻すには残念ながら至らないかな…、と言った印象を抱いたのは事実ですが、
助っ人欄にちらほら出て来る、正統や副属性のマチルダの(しかもレベルカンストのDX30攻撃振りとか)姿に、一時の登場なのかも知れませんが、何だか涙が込み上げて仕舞いました。
ヴェル、カナンとマチルダは、PSこそ同じですがASは全くぶつかり合う要素が無いので、アンリミ消費が少なくなった正統マチルダと併せて運用しても問題がないのが良いですね。
あと何より、ザイフ、カルマなどと合わせたロスト・ブロンド号のストーリーが、結末は知れていれども、最期を補完する様な形で語られたと言うのがやっぱり覚醒の嬉しい所ですね。
「ゆえに果たして即ち」の三ワードを綺麗に全部無理矢理使ってる正統は見とこう。色んな意味で。
カルマの三色とマチルダの三色が全く同じカラーリングと言うのは何か意味があるんでしょうかね…?
[鎖賊王](砂賊王のもじり)と[灰賊王](かいぞくおう、と言う響きと大海原に出た船とで)の名前にもじわっとさせられました。韻踏んで意味のある名称が多いロードラですが、覚醒は特に、その韻が綺麗に収まっているのと、絶対適当だろコレ感漂うのとが顕著と言うか…。
何にしても、待ち望んだマチルダの覚醒は、覚醒への道2とか言う覚醒ポイント貯め周回…?なにそれおいしいの?とか言うインフレをやらかしてくれたエリア登場とほぼ同時だった事もあって、あっさりし過ぎたかなと思えど、全体的に見れば良かったです。

もう一人の覚醒実装、ヴァルクさんは…、この人自分もゾンビだし最早所業がネクロマンサーとか言うレベルじゃなくね…?と言うストーリーに目が点になった所で、重複可の15000回復PSとリミット化したASカーズに更に目が点に。ヴァルク複数とコピーで、耐久通り越して絶対死なないPTとか言う夢が見られそう(震え声

取り敢えず慌てるもんでもないかなと思ったので、マチルダは正統と火(火マチの格好良さにときめいた)、ヴァルクさんは性能なら正統なんでしょうけど、見た目で火、を完成。
水マチルダはまたのんびり曜日クエとかで覚醒pt貯めて作ればいいかなと。ヴァルクさんはそもそも二人目すら居ないのでクエスト周回から。
残る覚醒は、
旧王>
正統アルト(本体未入手
光フェンリス(本体未入手
火機王(本体未入手
光イデア(本体未入手
火ルフェイ(覚醒溜め中

神王将>
火ザイフ(本体未入手
水ザイフ(本体未入手
正統ヤマト(本体未入手
闇ヤマト(本体未入手
火ブリュンヒルデ(本体未入手
正統マクスウェル(覚醒溜め中
光マクスウェル(覚醒溜め中
光ディオーネ(本体未入手
水ヴァルトルス(本体未入手
正統ナタル(覚醒溜め中
闇ナタル(覚醒溜め中

………まだこんだけ残ってる中、この未入手率の高さよ……。
イベクエに余裕がある時はドロップエリアずっと回してるんですが、全く出る気配がありゃしない…。レアガチャハズレ枠での入手は心労キツそうなので勘弁。

*

それにしても、ドロップエリアの都合もあるかもですが、何で覚醒分割して実装したかなあ…。
一遍に出せば良かったのにと思うんですよ。変にヴァルクで無理矢理区切らないで。ドロップクエストがないから覚醒が実装されない、としなきゃらならない必要性も無い訳で。
お陰で今回は誰から育てようとか言うワクワク感、更新連打でストーリーを探す楽しみも全然無かった…。

name
email
url
comment

2015.08.12 21:11
あさゐち@祭
http://sigha.tuna.be
こんばんは。最近のロードラ界はリメイクやコラボばかりではありますが、動きが一応あるだけでも有り難いですよね。まるごとその侭の再配信ではなく、ATSとしてストーリーに加筆があったり新ユニットが増える所は、運営側の頑張りが一応見えていましたし…。

ツイッターは見ていないのですが…、マチルダ派と実力派(ヴェル派?)がそんなに荒れていたとは…。
思い入れもあるかも知れませんが、当時リセマラやレアガチャ連打などでマチルダを必死で手に入れた人にとっては、弓アンリミの上位互換と言う意味では許容し難いものがあったのかも知れませんね。
仰る様に、ユーザーの数だけ使い方が探る事が出来ると言うのはゲーム性を拡げる意味でも重要だと思います。

アルフォンスの例の様に、「過去の人」のストーリーの掘り下げがもっと増えてくれれば良いなあとは切実に思う所ですね。
大型イベントクエスト!と来ると、突如出て来る新キャラ、と言うパターンばかりなのはどうにも…。
当時のアルフォンスのクエストは、台詞がつく前でも、クエストの状況やドロップなどでストーリーを察する事が出来ると言う素晴らしい仕掛けでしたが、リメイク版でそれが冗長な台詞を与えられてどうなって仕舞うのかと言う心配も多少ありました……が、今のところは良い感じですよ。
新ミハエルも出そうな気配なので今からソワソワしております。★4ミハエルは見た目は禍々しくとも存在感でちょっと小物臭が漂ってましたから…。

2015.08.11 16:46
ぶどう
おひさしぶりのコメントで失礼します。
5.6.0も5.7.0も焼き直しイベント(ディバゲコラボのレア枠追加)や焼き直しクエスト、旧キャラ(まゆ、クリストフ)のリミット化など新しい要素が感じられなくて本当に停滞していた感じがありましたが、
5.8.0今回のアプデはサンリオコラボや覚醒とドロップクエスト解禁で動きが出てきたかな、と安心しています。

弓アンリミ、大人気ですよね。ヴェルがガチャから登場した時、マチルダ派(熱狂的マチルダファン?)が運営の贔屓だとかいろいろツイッターとかで暴れているのを見て、弓アンリミ大好きな人は数が多くて思い入れが凄まじいのだなと少しひきました。

このマチルダドロップクエストが素直に嬉しいです。今までご縁がなくて持っていなかったのもあるし、いろいろなユーザーが性能を気軽に試すことができてよかった、という思いでいっぱいです。火力弓のインフレは確かに止まらないでしょうからその流れでソウルに有利なマチルダさんが生きるかはわかりませんが、ユーザーの数だけ使い方が探られるようになるのは、火力インフレ傾向に一石を投じる可能性があるかもしれませんし。

あと、ロストブロンド号関係者はかなり出そろったのでイベントクエストとかもできそうですよね。レオカルマザイフマチルダヴァルクと。JASON社かロストブロンド号か、というくらい手厚くキャラ立ちを整えられた状況がある組織なので今後なにか生かされると面白いですね。

一つ下の記事の、別物になって帰ってきたアルフォンスクエストも楽しみです。まだ手を付けていないのであまり記事を見ていないのですが、アルフォンスをはじめとする「モブ」の物語、英雄ではない人々の紡ぐ物語こそロードラの味なので楽しみです。