ニャハハ侵略

※画像と本文は一切関係ありません※
首の皮一枚だった記念で撮ったやつです。
いやぶっちゃけこの話題のネタになりそうな画像が無くて…。

*

アリスやシモーヌやドンと言うヴァルクさん同期生をさしおいて、その後登場のヒルダが覚醒&噐神の登場。

………いやこれ絶対さ、ヒルダの覚醒ストーリーの為に噐神と言う存在が創られ、と言うか実装された感じですよね…?
いやいんだけどさ。ヒルダのストーリーでは魂を吸収して形を変える武器=聖剣(の材料)にしか触れていないので、霊神の対に噐神を出そうと思いついて、武器コンセプトだし、強い武器造るって入言ってすっかり放置だった鍛冶師のヒルダに絡める事にすれば覚醒も行ける!と言う順序ぽい気が。
ヒルダは魂を吸収して以下略、聖剣的なものの材料を求めて東の世界に向かった筈なのに、いつの間にか「意志を持つ鉱石を求めて東の世界を旅」になって仕舞っているので、
父の造った様な聖剣(ヴィルダー曰くは魔剣だけど)造りを目指して東の世界へ>もっと凄い鉱石ありますぜ>よーしその意志を持つ鉱石を探すよー>見つけたから噐神造るよー
……とか言う感じなのでしょうきっと…。

ヴァルクさんとマチルダの同時覚醒も、ザイフとカルマの隙間を相互補完しつつ本人たちの物語を進め或いは終わらせる感じでしたし…、今後の覚醒も一人や二人ずつ、無理矢理ストーリーに絡める新キャラやストーリークエストを作りつつ解禁していくスタイル…?
今後白クロノさんに関わって登場させられそうなシモーヌはともかく、アリスとかドンは既存キャラに絡める人殆どいないので、本人たちだけ覚醒だと噐神なしのヒルダ以上にストーリーがスタンドアローンして仕舞うので、何か絡めるキャラクターでも追加するつもりなんでしょうか…?
旧王と同じでまとめて追加!覚醒可能キャラたちのガチャ開催!とかの方が、一人ずつ覚醒よりプレイヤー側もやる事いっぱいあって楽しいしセールス的にも行けそうなのになあ…。
旧王覚醒の時のワクワク感が、今の単発覚醒だとほんと無いんですよね…。
覚醒の道2もあって、皆集中して覚醒可能になった子を覚醒させるから、その子が必要な難易度やクエストが来てもフレンドに困らなそうだし、となると優先して覚醒させなくていいや感になりがち。
誰から覚醒させようかなーとか、この人真っ先に○○覚醒させたのかー愛だなあ、とかそう言う楽しみが無い…。これ愚痴るの二度目ですけど。

実は個人的にヒルダ自体、可愛いんだけどキャラクターのコンセプトがはっきりしていないのが何となく好きになれずに来ていたんですよ…。鍛冶屋ポイントがハンマーにしか無くて、何故かメイド風ゴスと言う大凡鍛冶師には見えない外見、且つ、猫なんだかゴキブrなんだかどちらともつかないデザイン。なおどちらも鍛冶要素も武器要素もゼロ。猫デザインは寧ろニャハハ。
そこに来て(と言う訳ではないですが)これまたデザインのコンセプトが器物なのか人間なのかはっきりしない噐神たち。
霊神たちの、各属性に合わせたイメージの「精霊ぽい」外見は、良い意味で非人間感でしたが、噐神たちは、各々の武器に人間の顔がついている、と言う歪なデザイン。大味な武器デザインはシルエット的には凄く恰好良いんですが、もろに人間の顔(と言うか上半身)が出来の悪いコラージュみたいについていると言うのがどうにも好きになれない感…。
いや正直、武器コンセプトとしてデザインされ設定された兵器たちは何だったの感なんですて。兵器たちの無機物デザインは好きですが…、最近彼らすっかり落ちぶれてますね…。最終兵器Vの、人間性を敢えて除外した、兵器たる人間、と言う感じとかも良いと思うんですけどすごく。
まあ噐神のデザイン云々は各々好みもあるでしょうからともかく…、ヒルダさんはとんでもないオーバースペックな代物を造って仕舞った様で…。もう聖剣(笑)とか何だったんだレベルの存在ですね、噐神たち。ストーリーでもパワーバランスがインフレしとる…。
ご本人は牢の中で廃人待ったなしと言う報われない結末で、各武器たちも教国もといニャハハ軍団のものになって、バベルを落とすとか言う……もうね、もう神々とか言うロードラ世界での噛ませ共は本当何だったんだ感。
バベル絡みで、ロキの覚醒も行けそうですがどうでしょうかね(小声

*

まとめ。
スパーダ:ヒルダ牢獄で廃人。
ランシェル:教国、噐神たちの活躍でバベルを制圧。
アルコ:東の大陸絶望的。リリアちゃんとゴッフリさんに死亡フラグ。
グリモア:東の大地の果ての塔…?何だかカインさんらしい人に死亡フラグ立ってますが…。
光ヒルダ:東の世界でヴィルダー生きてたっぽい!
闇ヒルダ:東の世界で塔を目指す連中に会ったよ!
正統ヒルダ:材料揃ったから火山で神噐を鍛えるよ!

ここに来て急にグリモアとヒルダ(闇)で語られる東の大地の塔が注目されます。
パピルスのストーリーにある「バビロディアスの塔」と言う前振りからずっと忘れられてた存在の事なのかと言う疑いはありますが(つーか他に無かったよね…?)、
アレン、カイン、マリア、ルカの四人がその塔を目指していたのか、それともカインと他の誰かなのか。ヒルダの会った「西の世界から来た旅の騎士たち」は、西の世界のトライエル王国を救う為に、塔に何か用があった模様。
パピルスと対話しても何か意味があるのか何なのか…。材料不足。
ともあれ、結局四の神噐とやらは全員教国の手に渡って仕舞ったと言う事で?ヒルダは何だかとことん救われない方角に向かわされましたねー…。17年後に生存でもこれは何か酷い。
最初噐神のストーリーを見た時は、ヒルダの猫デザインはニャハハに乗っ取られる伏線だったんだよ!(AA略)と言うこじつけか…!?と思ったんですが、牢で廃人化している所を見るとどうなんでしょうね…?
ニャハハに乗っ取られて噐神をロレッタに捧げて仕舞い、その後解放されたけど廃人化とか?

*

ヒルダは昔何人か居たものの今は略。
ドロップクエストも無かったしガチャ回す程でもないので、取り敢えず火闇覚醒だけさせて終了。
この間レアユニエリアで念願の機王三人目と、つい昨日イデア三人目が漸く来てくれたので、旧王覚醒は残すところあと二人。正統アルトリウスと光フェンリスだけになりました。
両者共に本体から入手しなきゃならんのでレアユニエリアに懸ける…。

name
email
url
comment

2015.09.01 23:50
あさゐち@祭
http://sigha.tuna.be
倉庫番からメイン火力候補にと、凄まじい大出世でしたねヒルダ…。
それにしてもチェシャ猫の発想はありませんでした。書の中のアリス世界をも侵食するニャハハ、もし出て来たら凄くストーリーにマッチしそうな予感が…。
ロードラ世界の、他のRPGなどで言う「魔王」的なラスボスがニャハハ軍団と言う位置付けだからか、世界中で何か「悪い事」が起きると必ずニャハハの影がストーリーに見え隠れ、と言うのは実に解り易いと言えば解り易いんですけどうーん。

鋭い切りと言って頂けて光栄です。大分憚りなく毒を吐き散らしている自覚はあるもので…。愛があるからと説明した所で気分を害される方は居るだろうなあといつも書いた後で反省する次第。
噐神デザインはほんともう…ほんと…。人それぞれ好みもあるので余り大きな声では言えない所ですが、器物を謳いながらの人間の顔と上半身を無意味に付けて登場したバランスの悪さだけは慣れそうにありません。もっと武器っぽいデザインでも良いのに…なんて。
ロードラのキャラクターのデザインには歪なものやあからさまに倫理的にどうかと思う表現も今まで多々あるにはありましたが、噐神はそう言う路線とはまた異なった、生理的と言うよりは機能的なデザインの歪さが際立って仕舞った結果なのかな、と。いやぶっちゃけあの顔とか「武器」として意味ないですよね的な意味でも。

ロザリアは「嘘くさい」存在だなあとずっと疑いの様なものがあったので、劣王ミハエルの書で変に穿った確信が生まれて仕舞ったと言うか…。
もちろん、ミハエルはロザリアを幸せにしたくて云々、と言う「誰か」の想像の物語を否定する心算は無いのですが、可能性の一つとして、言ってみたかった所です。

ストーリーを事細かに説明する=議論や想像の余地が残らない=読み終えた本は片付けられるのが常。
想像や議論、考察合戦と言う、ソーシャルコミュニケーション全盛のこのご時世だからこその「あそびかた」の提示がロードラの選んだ道なのかなと、ストーリークエストにて侭ならない想像を膨らませては、情報不足で投げっぱなしの部分を惜しんで嘆く度にそんな事を痛感する様になりました。
勿体ない、とは常々思わずにいられないですし、ガイドブックや小説と言うゲーム外の媒体で語る手法にも全面賛成とは言い切れない所ですが、ロードラが「長く」人に読まれる為には、そう言った焦らし要素、議論の余地、妄想の自由さの提示は恐らく必要不可欠なものなのでしょうかね。
ユニコンは一昔前のレトロゲームや漫画の様な感じが面白いですね。それだけロードラ世界には「ストーリー」の自由度が高く、創ろうと思えば幾らでも何でも出来る柔軟性があると言う事ですし。
そしてそこからの物語もまた、ユニットのアイデアを出した「書」の創造主のみが知る、と。勿論プレイヤー達が物語を想像するも自由。しないも自由。

2015.08.31 22:04
ぶどう
こんばんは。
ヒルダの大出世には驚きました。鍛冶屋らしい働きをしていて、しかも救われなかったのも親子そろって因果なものを感じます。
ニャハハは便利な設定ですよね。猫っぽければなんでも関係あるように見えるし、何かを「食う」行為をする生物であれば極論どんな生きものでもそれっぽく見せることも可能なわけで、
箱庭世界のほとんどは彼ら彼女らが滅ぼして食いつぶしていったとすれば落とし前がついてしまうのがすごいところ。
ワノ国(ミツキ)、教国(ロレッタ)など。あとアリス世界もまだ出ていない「チェシャ猫」も猫モチーフなので悪食さんの出番かもしれません。
ヒルダのハンマーの肉球にもニーソックスの縞模様もただの萌え要素みたいで肩すかしでしたが安心したのも事実です。なんでもニャハハのせいにすればオチがつくというのもひどい話だと今更ながらに思うので、ヒルダの廃人化はただの不幸であってほしいです。

また、この記述にも同意です。
>噐神たちは、各々の武器に人間の顔がついている、と言う歪なデザイン。
本当、ランシェルの足元とか気持ち悪いです。他のもたいがいにしてほしいですが、ゴテゴテしているわりに全体としてバランスが良くないのが痛いですね。
鋭い視点での感想、いつも気持ち良い切り口です。

アルフォンスクエの感想も同意です。前後篇に分ける必要がとくになかったことや、エマのちょろっとした(無意味な)出演、なにより祭さまが提示されたロザリアの非実在説に驚きながらもうなづいてしまいました。

シドと兄さんのいい話は、正直幼いシドがかわいいことくらいしか感想がなくて、サイファーさんが重要人物で頼れるのは伝わってきましたが祭さまがおっしゃるように図鑑番号とかからみるとサイファーは後付けキャラですよね。
17年後主人公たちを語るキャラは未だに出てこないし、ロードラ世界をゲーム内で語ることを想定していなかった(ソシャゲは売上やユーザー数などに左右されるのでいつまで続くか制作側も想定していなかった)のが透いてみえるのが悲しいです。
コンシューマーゲームでない媒体のRPGにおいて「物語の結末」を伝えるのは難しく、個々のキャラにエピソードをもたせてそれを追体験させる形式は今のところベストではありますが、それでも語れない部分が多すぎです。

今はまだソーシャルゲームの物語性を実験する過渡期でもあると思うので、ロードラが最大限その可能性を拾ってほしいです。
ユニットコンテストを何回も開催して、ユーザー発信のユニットをゲーム世界に違和感なく入れたりできる双方向性はソーシャルのフットワークのよさを生かした部分だと感じられて毎回楽しいので、ロードラはソシャゲ―としての強みも大事にしてほしいですよね。