RPGクリア後の世界とか好き

チェンクロ第二部、クリア!(二度目

ついこの間メインストーリーが終わったばっかですが、シークエル全四章も無事終了。まどマギコラボは特にAP食うイベントが付属してる訳でも無いのでチェンクロ3の前の丁度良い消化タイムですね。

シークエル一章リヴェラ篇は、リヴェラ姉さんと年代記一部のいつもの愉快な仲間たちとの絆物語。一番長くて一番キツかった気が…。純粋に二部メインストーリーの後日談+後始末。

シークエル二章義勇軍篇は、義勇軍の四人組が鉄煙>薄命>監獄>ケ者>大海、と逆戻りしてユグドに戻るまでの賑やかし物語。これも長かったけど然程キツくはなく。ジークルーンやギザザヤたちの、民族や風習の全く違う面子が徐々に信頼を深めて行く感とかもう大好き。良い意味でキャラクターの掘り下げ追加+3への布石と言う感じでよかよか。

シークエル三章リリス&テレサ篇は残念ながら元キャラがメインストーリー未登場且つ個人的にも出会っていないので(=チェインストーリーも見ていないので)サッパリ解らなかったです…。それもあってか短めで難易度も高くはなく。……ただの百合百合ストーリーじゃないか。(まとめ
リリスがアデルみたいにミッション報酬でチェインストーリーをいつか見れるキャラだとか、或いは本編中に登場してたとかならもうちょっと解り易かったんじゃないかと思うんですけど…。

シークエル四章主人公&フィーナ篇はもうお前ら結婚すれば?篇。年代記&書架酒場メンバーを無理矢理掘り下げに来ました。年代記組はともかく書架組はメインストーリーに(ラベゼリンたち以外は)未登場なので正直どう言う立ち位置なんだろう状態だったので、これで漸く補完された感。
まあ一部酒場のSSRたちもストーリーに登場済みと未登場と居ますしね、今更書架の方たちだけ掘り下げなくても良かった感はありますけど。

三章と四章はリヴェラ姉さん軸のレベル上げ兼ねたまどマギ組導入で、全然育成進んでないのに凄まじい快適さでした。難易度が然程高くないからと言うのも勿論。
味方へのパッシブバフとWave秒数限定で重用してたハクに下がって貰って入れたマミさんと、キララネ様に代わって貰ったアルまどさん(絆甚平ヴェルナー)が結構に便利過ぎです。

*

チェンクロ3までにやっておきたい事、あとは残るチェインストーリーと外伝の攻略、黒の大陸のドロップ埋めくらいですかね。キャラ毎の絆の物語はとてもじゃないけど3までに全部クリア出来る気しないので追々でいいや…。
大団円フェスにユリアナ様が入るらしいので、ある意味最レア状態になってるチェインストーリー一章の為に回した方が良いのかどうしようかうーん…。
リーアもだけど、酒場常設じゃないキャラにチェインストーリーを任せるのはどうかと思うんですよ本当に…。ユリアナ様Ver2(しかもつい一ヶ月くらい前に上方調整済み)が既に居るし、サブパ運用も僧フィーナ+ルルティエやなぎさと言った子が目立つ始末で何か既に最早…感がするのも事実。
いやまあ性能は別にどうでも良く、騎士揃いの悪い我が軍で役立てられそうもない辺りがどうも渋って仕舞う所。

name
email
url
comment