直線範囲=全体。

なのはさんレーザーが爽快過ぎて面白い…!

ディズィーのガンマレイと同じ範囲ですね。実質アルまどさんの超必と同じ全体攻撃なんだけど、エフェクト的な都合か範囲は目の前直線マスに見える的な。
……いや、だから縦3マスカバーの全体範囲で別にいいじゃん…。よく解らない謎の使い分け。
フェイトさんの超必レーザーも面白いんですが、ゲージ貯めなきゃならん難点があるんですよね…。フェイトさん強化の為には魔法使いインの必要があって敵の奪い合いも熾烈になるしで。
そこではやてさんがじわじわゲージ上げと言う構造か…と思ったけども、なのはさんがゲージ満タンだと逆に超必使い辛いので結構ぐぬぬ式。

助っ人込みでWアルまどさん(か片方レジェンドエレミア)+なのは三人娘と言う魔単が、戦力としてはともかくマナ補充力も互助バフ力もあって遊びPTとして面白いです。財マナ力に飽かしてぶっぱなしまくったり。
それと個人的に、なのはさんの武器が機械音声みたいなのを喋るのとか良いわ〜。擽られます。

レーザー中のなのはさんが何故かカメラ目線なのが毎度怖いと言うか噴いて仕舞うと言うか。あと貫かれてるカイン(と、はやてさん)とかシュール。

*

最近のコラボシナリオは大概、アルカナ絵と別に元作品の立ち絵とかを採用してくれるので、「イラスト」が喋る的な違和感が無いのが良いです。
背景抜いててもイラストに因ってはやっぱり違和感と言うか躍動感が出過ぎてて浮いてると感じられる事があるので…。
うたわれコラボの時は原作ゲームで使われていた立ち絵の表情差分も採用してくれていたので、ほんと違和感なかったし没入感があって良かったなあと。
三部のメインキャラの一部にも表情差分が採用されてますが、やっぱり元々が「イラスト」なので未だにうーんとなる事しばしば。特にトロメアの動きとか表情に合わず凄く苦しそうで気になってしゃーない。
何も動作をしてない喋り専用の「立ち絵」って読み物ゲームには大事なんだなあ…。
と、なのはさん達に着替え差分の立ち絵まで用意されてるのを見て思ったとかなんとか。

name
email
url
comment