素材を掴めと轟き叫ぶ!

クオンさんの拳が光って唸る!

リアルで、一生に一度だけで良い様な経験をさせられたり、色々ありすぎて疲れ果ててる最中ですが、手元にあって手間が要らないだけに、乗り気ではなくともなんとなくぼんやりとこなして仕舞うソシャゲのルーチンワーク。

…そんな訳で、三部開始して一周年や主人公帰還篇を前に、最近色々と拝金転換みたいになったりイベント中にネットワークエラー起こしたりと奇行の目立つチェンクロ。
そんな諸々の経緯もあって人気キャラだった筈の特効に苦言を呈されたり、ちぇんらじや生放送でも全く話題にされなかった、二回目の大狩猟戦。
斬武器と拳武器が特効との事で、斬は人数が多いし拳は強キャラも多いしと、前回の突打特効だった大狩猟戦とは異なり、クリアそのものの敷居は幾分低くなっていた印象。

斬側では兵長を始めとした進撃コラボキャラが猛威を振るってくれた感。
拳側ではこの間入手したものの全然出撃機会に恵まれてなかったレジェンドユギギがかなり生存率高く、前方広範囲を吹き飛ばしダウンと言うスキルも大狩猟祭向けでと、破竹の勢いで殴っては投げ殴っては投げしてくれて大助かりでした。
こう言う意外なキャラにスポットが出て来るの面白いですね。
そして何より、拳僧侶・僧侶なのに伝授は攻撃スキル・戦士が居ると強化される自身の腕力…、と言った要素を抱えた殴り僧侶プロのクオンさん。
……まあ半ば趣味で入れたのは事実。絆には配布の駄女神様。恐ろしい蹴散らし力でした。ピンチになったらさっさと戻って回復。敵を撃破する度に回復。

敵が逃げる姿が鬱陶しいとか、踏破の焼き直しの様なイベント感は未だ漂う大狩猟祭ですが、斬と拳と言う特効武器種もあってか、今回は楽しめる人多かったんじゃないかな…?
わたしはほぼほぼ参加出来ておらず、報酬キャラは確定一人のみ、拳神器は作れず仕舞いと言う残念な結果でしたが、余り出番の普段無いキャラでも、ニーズや状況に応じて使えたり再発見出来たりする事自体はまあ楽しかったんじゃないかなと。
特効を引くとポイント面でも大幅に有利にはなるけど、引いていない人でも自分の手持ちから出した、敵を処理する能力だけは特効と変わらない大きなダメージがどんと出ちゃう特効武器種のキャラを使って、サクサクと遊べるのは良いです。見てて爽快。

name
email
url
comment