色々ありましたその1

※つなビィクラッシュ中の出来事・チェンクロ篇※

〜度重なる運営のアレな感じの対応や方策で、ゲームは依然として大好きですがモチベがものっそい低い所になった侭です。ちょっと前までは考えられなかった、AP溢れとかが普通になってます…。
今月はうた散り(うたわれるもの)コラボも来るとの事で、モチベ自体は出掛けた侭イマイチ戻って来ないものの、コラボ自体は楽しみにしてます。
元作品が大好きなだけに、血界コラボみたいに楽しめるといいなあ。

メインストーリーだけはほんと最後まで追い掛けたいですしね、かなり人数が減って来ている様ですが、打ち切りエンドだけは避けて欲しいですよ。
スタ実などのアイテムで、ゲームプレイ自体を連コインせずとも何度も出来ると言うのはチェンクロの長所だと思うので、出来れば緩やかに保っていて貰いたいものです。

現在魔神レイド開催中ですが、案の定モチベが留守な侭なのと、ショタ魔神や投げ遣りストーリーにやる気は戻して貰えず、100体(魔神の第二アビ解放)まででもうストップ中。
特効の新規モデリングの専用武器を無くした所為で、今回は暴走を撃破しても普通に錬金で出来るハズレ武器ばかり落ちるので益々やる気無くす一方ですて…。そのへんドロップ配分をもうちょい工夫して欲しかったんですが…。
取り敢えず自分のしょっぱい範囲で出せた最高ダメージぐらいしかネタが無く。

*

・踏破イベント「聖霊島マナ騒乱」
カーリンV2引き直しの後で、多くの引退者が出たり現行プレイヤーのモチベが削がれたのか、参加人数が大幅減少しており、そのお陰で初5000位以内に到達。漁夫の利っちゃあ漁夫の利。

・アマツ篇八章
ベニガサ軍記入り。流石にここでヒトりV2を入れる程運営はお馬鹿では無かった模様。
ベニガサ、ドゥルダナ、ミカエラの三名がアビリティの表記揺れで問題に上げられる事がしばしばあったが、それをしれっと修正し「上方調整」と言う事にして収める。
ベニガサに限って言えばアマツとヒトリとPTを組む上でのシナジーを考えたアビリティだった筈なのだが、この「上方調整」でただの斬結束・拳結束となって仕舞った。
また、軍記での追加PAも九領結束。使い易く、強くはなってもキャラクターとしての個性は大幅に削がれる事に。

・初心者応援(応援しているとは言ってない)九領限定復刻
シュザとチドリが復刻。初心者には間違いなく罠。
チドリのストーリー見たかったのでチドリ確定までは行きました。
どうせなら九領ストーリー復刻とか言う名目にしておけばまだマシだったのに…。

・アプデで色々改悪
 ヒロイック登場での一時停止(バフや戦闘時間のタイムカウントは動いているのに拘束時間が増えた)。
 戦闘中ポーズの無意味なステータス表示。やるならバフ倍率表示せんとこんなの意味ないわ…。
 年代記の塔が緩やかに長くなってやる事が増えた。緩やかになった筈なのにプレイ可能ランクが上がると言う謎設定。矛盾してないか…?中堅以上のプレイヤー向けになり、初心者がレジェやフレンドの力で塔を少し上って報酬をゲット、と言うのをさせたくなかったのだろうか…。
 年代記の塔PTのメンバーは一度解除しないと売却も限界突破も出来ない。
 キャラクター確認画面で所属アイコンが大きく表示され、親愛度表示が切り替えないと出て来なくなった。正直親愛度でウキウキしている部分があっただけにガッカリ。

・アプデで色々改善
 深淵の渦に次元またぎが無くなった。

name
email
url
comment