拝啓、自分殿。

todo、アラーム、スケジュール管理、ただのメモ帳、タスクリスト、リマインダー。各種アプリにて、備忘録やアイデアメモ的な使い方で、やりたい事や思いついた事をつらつら連ねたり、設定した期日にやる事を通知したり。なんて使い方大いにあると思います。
然し、例えばちょっと前流行になったClearの様なリスト管理系アプリ。思いつきや目標をたたっと記入しても、バッジで「こんだけあるよ」と表示されるだけではモチベが上がり辛いのも事実。
(Clearはタスクを作成するのが楽しいけど、完了項目を消していくと段々(´・ω・`)な感じになっていくある意味不思議な感覚も有していたけど)
そんな時にお勧めなのがこれ(TVショッピング風のイントネーションでお読み下さい)、「To me By me」。シンプルナチュラルなデザインの秀逸な日記アプリ「My Wonderful Days」などで有名な開発者様の提供する、意外と知られていなさそうなアプリです。
自分のお気に入りは余り人に触れ回らない質ですが、このアプリのアイデアと効力、随分前から使ってて今でもなお毎日の様に世話になる程お勧めなの(と暇だったのもあり)で思わず筆を執って仕舞った次第。……イヤどうせ誰も見ないから良いよね的な。自分宛の独り言ツイートする時の様な。

さてこの「To me By me」とは、設定した期日に、自分宛のメール(手紙)を届けると言うもの。何種類かの便箋、フォントを選べ、画像添付も可能。ささっと手紙を書いて、未来の自分へ送信。封筒に便箋が収まりぽん、と封蝋がされて、飛んで行きます。
メールとは言ったものの、実際は記入したデータがアプリ内で見えなくなった状態で待機になり(期日はアプリ内カレンダーで確認可能)、設定した月日時刻になると見られる様になるだけです。通知はメールの様に、システム音と共にお届け。擬似的にメール受信を味わえます。

……まあ簡単…というかぶっちゃけて分類すればアラームやリマインダーアプリです。ただ設定した内容が期日になるまで確認出来ないというだけ。
通知センターの設定次第ですが、メール受信後(アラーム発動後)は再び「To me By me」を開き内容を確認するまでバッジが表示されて、未読件数をお知らせしてくれる優しさ。
例えば、出勤前にゴミを出して行こう、と言う内容を、忘れない様に翌朝の出勤前の自分に送信。
例えば、買い物行ったらアレを忘れずに買おう、と言う内容を出掛ける前の自分に送信。
例えば、三日後から旅行の準備を始めよう、と三日後の自分に送信。
例えば、あれをしよう、と言う内容を明日の自分に送信。
…どうですか、普通のアラームアプリよりなんかこう、夢がありませんか( ゚д゚ *)
のろのろとタスクリストのアプリを開いたり、アラームに無機質に一行程度で警告されるより、長文だったり画像まで付いたりするメールを受信する。モチベが結構上がります。
急ぎの、さっさとチェックして行くタスクリストとかには向かないですが、メッセージと言う形式なのが自己啓発的な効果とかが得られそうな感じです。

しかもコレ、受信したメールに対する返信というか、メモを付けられるんです。例えば目標事を書いて送信>受信>早速叶えたぞ!と言うのを自分アンサーとして報告出来るんです。
自分宛のメールを、事務的に箇条書きみたいに書くのではなく、メッセージを込めたり、くだけた調子で書いたりすると実に面白い。
ぷちタイムカプセルとでも言うのか。自分に出す指示から頭を少し悩ませると、後でソレを受信した自分の気持ちも、単にやる事そのものを憶えていても、新鮮さがあったりして気持ちがまた変わると言うか。
その日に送信して単にメモ代わりにするも良し、目標事を叶えようとさせるもよし、未来の自分に語りかけるもよし。一日何通でも(限界は試してないけど複数は出来た)書けるのも良い。
シンプル簡単実用化、と言うケースにはアレですが、こういうのが好きな人には、普通のリストやメモより、モチベーションが上向きになる!かも知れません。
……ていうかほかに使い方があるのかも知れないけども、わたしはこう使って良い効果が出てる様な気がしてます。
※効能には個人差があります。

そんなワケで「To me By me」、お勧めです。(発表当初の無料で導入したけども、普段は有料?)
寝る前に明日の自分への目標と備忘録を書いて送信。ずっとホーム画面初期ページに陣取ってます。

name
email
url
comment