ザ・ワールド

レピシエ(現ルピシア)で大昔に買った砂時計。砂と言うか茶葉時計。
お茶用には余り使わなかったものの、ROプリ時代の支援の時間計測に用いたりとか無駄な事をしつつ今まで何かと使って来ていたのですが…、
どうもここ一、二年前頃から砂(茶葉)の落ちが悪くなり、止まってしまう事もしょっちゅうで、最近は専ら実用を止めてインテリアになっていました。
……所で、一週間ほど前に久々に引っ繰り返してみました所、途中で矢張り止まる。
とん、と硝子を叩いて落下を促す。
落下し終えたら反転。止まる。叩く。振る。落ちる。
それを数回繰り返した所、段々と詰まる頻度が増え、もしやと思った時には完全に詰まって停止。もう叩けど振れど一向に落ちる気配ゼロ。
これは確実に湿気が入り込んでいるなと判断し、熱を持ったPCの横にぴったりくっつけて小一時間。……見事内側に汗をかいておりました。
湿気が入り込む様なピンホールか何かが空いていて、この湿度の中振り回した事で更に水分が入り込むに至った…?
振り回したぐらいで湿気が入り込むのかとか詳しい事は解りませんし、今まで普通に使えていた期間とかあるので全く以て定かな話ではありませんが、内部に何らかの原因で湿気が入って仕舞っている事に変わりなし。
取り敢えず水に沈めてみるも、気泡が出て来るのは視認出来ず。(=浸水もなし)
湿気た砂が硝子の内側に貼り付いている為、回転させようが穴が砂に埋まってたら解らんよなあ…、
と言うより、水が液体として直接入り込める程の穴が空いていないだけと取るべきか。
取り敢えず乾燥剤を放り込んだジップロックに一緒に入れて、横倒しにして熱いPCの横に放置。
地道になんとか蒸発させて追い出そう作戦。一週間ぐらい一定角度で待って、変化が無かったらまた別の角度にして待って…、を繰り返せば、ピンホールが空いてるんだとしたらそっから蒸発して出て行くだろ多分…!
尤も、穴塞がなければ付け焼き刃でしかないけど…。
更にはPCの排熱に支障出るかもしれないけどな!
熱に揺れる頭でそんな事を考え、考える事に疲れたので時間も思考も停止。考えるのを止めた。

他には、密閉容器に入れて容器の空気を抜いて真空にする…とかも考えたんですが、真空ポンプはあれど砂時計入れられる容器が無かったので断念。

砂時計の修理方法とかググっても砂時計アイコンで固まったPCの修理とかしか出て来ないし、湿気でググっても温める以外に特に対処法無さそうだしで、何か良い知恵ありませんかねえ……。
思い入れもあるし、なんとか復活させたいんですが…。

name
email
url
comment