このクソったれた異界

続・血界戦線&B×チェンクロコラボ。

浮遊街決死行、ってコラボストーリーのタイトルが思えばなんか血界ぽいなあと今更の様に。
そんなコラボストーリーと、なのはさんコラボ辺りから出て来た、クエストや探索での素材集めからのコラボ武器作成、と言うのがコラボイベントの主な内容。

……なんですが、コラボ武器素材が(探索以外では)まー出ない出ない。
模擬戦って言うライブラ面子と戦えるクエストが難易度別に置いてあるんですが、AP消費の割には落ちない落ちない。
まあ性能は標準とは言えアビリティ付き武器なんで、そうバカスカ作られちゃ堪ったもんじゃないのかも知れませんが、アビより見た目で取り敢えず保守しておきたい派にはなかなか泣ける厳しさです…。
……て言うかなのはさんコラボやソードオラトリアコラボの武器は結構に凄い数作り放題だったし、確かオバロコラボの時はアビリティが強力な割に作れる最大数が(大体)設定されてたし…、で、そこまで困り果てる事は無かった様な気がするんですがうーん。
探索での限定個数はあっさり通り抜けちゃったから、後は頑張りたい人だけ頑張るといいよ!モードな事も確かなんですけど。
あと、アビ武器が何気に、それぞれの持ち主キャラのアビリティとかを継承してるのが面白いかなと。本人に改めて見た目が同じの強化された武器を装備させる必要が無いって素晴らしい。

>クラウスの拳はダウンにならないので、局地的に有用な可能性。が、ブレングリード素材が圧倒的に出ない不足状態。
>焔丸は通常攻撃が炎属性になるだけだから、ライバルの多い斬武器では見た目以上の得は無い…、のにカグツチ素材は矢膤出て来る気が…!
>K・Kのライフルはスロウ付与だけど、狙武器自体の需要がそこまで大きくない上、攻撃頻度が銃に比べて基本高くない狙でスロウ撒かれても…感は少々。だけどもK・K姐さんのライフルの見た目自体が好きなんでアビ無しの方で良いから幾つか確保しておきたいィィ…。
>改造スタンロッドはダウン付与の斬武器だから最重要。武器性能は正直高くはないけども…。材料のスタンロッドは異界素材とロンソで簡単に作れるけど、素材がKKのライフルと被る難点が…。

見た目でライフル確保したいのと、便利さでスタンロッド確保したいのとのジレンマですこれ…。
探索先でもうちょいA武器拾えてたら良かったのにねえ…。全部二個限定はオバロ(や他コラボ)から見ると少ないかなあ。まあコラボ期間の長さで差あるから仕方ないのかもですが。

*

まあそんなイベント内容はさておいて。今回のコラボストーリーの完成度が高いと言うか、コラボの世界観の攪拌は上手いですほんとに。原作好きな人が担当したんだろうなあ感凄い。
原作台詞を多用して違和感をなるべく無い様に書いているのは間違いないんですけど…、やっぱりキャラクターの単なる異世界移動だけじゃなく、世界と世界、街と街とを混ぜたって言うのが良かったと思うんですよね。
血界戦線の、HLと言うクソったれた世界観の魅力って、カオスだったり残酷だったりするのに悲壮感や絶望感が無くて、そんな非日常が日常だって言うさばけた所に依ると思うんで。
某江戸のかぶき町もですが、カオスなのにカオスなりのルールや法があって、人(やそうでないもの)が逞しく生きているって言う世界観、大好きです。

…えーとちょっと逸れましたね。
ともあれ、元々異界と隣り合わせで柔軟だったHLの世界観だったのも良かったのかも知れませんが…、
例えばルシアナのキャラクエで「HL側の技術と副都側の魔法の技術とが生んだ結果」と言う人助けエピソードが語られたんですが、相互の世界が互いに良い所を混ぜ合うって展開、コラボでありそうで存外無かったと思うんですよ…。人の協力や能力の協力やらがあっても、街単位での交わり合いみたいなレベルは憶えが無いかも。と。
逆に、副都側にもHL側のカオス感が入り込んで、人間の汚い部分を晒け出す様な現象が起きていたと言う展開も、丁度NYと混じって出来たHLと、世界との関係性みたいな感じだったなあと。
キャラクターが単純に異世界に迷い込んじゃった、ってレベルに留めず、フェムトの道楽で都市単位で互いに関わり合って仕舞った、と言う規模が今回凄く良く作用してたんじゃないかと。

まあ後で別にまた総合感想でも書こう。そんだけ存分に堪能さして貰いましたとも。

name
email
url
comment