べつら具

Twitterで字余りした記録と趣味とその他諸々ブログ以下の書き付け場。全体的にぬるめ。今は主にソシャゲ記。基本的に批判や苦言は愛があるからこそ出ます。辛口や毒嫌いな方はご注意を。アイギスA>微課金エンジョイ勢ロードラ>生温い過去ログそのほか>稀に二次創(腐)とかが出て来る事も
Twitterで字余りした記録と趣味とその他諸々ブログ以下の書き付け場。全体的にぬるめ。
今は主にソシャゲ記。
基本的に批判や苦言は愛があるからこそ出ます。辛口や毒嫌いな方はご注意を。

アイギスA>微課金エンジョイ勢
ロードラ>生温い過去ログ
そのほか>稀に二次創(腐)とかが出て来る事も
怒るのは期待してるからだとかなんとか言う方便。

怒るのは期待してるからだとかなんとか言う方便。

……うーん?

運営批判って言う程じゃないかも知れませんが…、ロードラの時同様に愛ある苦言…、では無いですこれ多分。
まあ自分でそれのやり過ごし方は解っているので、苦言とか文句とか批判と言うよりは、単なる現状のチェンクロの「酷さ」の再確認みたいなもので。一種の愚痴ですね。

と言う訳でちょっぴりのスクロールワンクッション。

*

*

*

*

*

二部までの旧キャラの一部をVer2リリースで救済 ※但し限定>
三部になってそれらのキャラも含めてレジェンドと言う形で再々リリース>
それらのキャラの更にお着替えが登場。同じキャラばかり4バージョンとか重なったりも>
ブレイブとか新世代チャレンジとかやり始めてレジェンド以外をいきなり持ち上げる>
新世代がオマケ扱いで義勇軍になった、特定のキャラを組み合わせたバディ化>
なおここまで全部「限定」>
実装待ちの大量の新規レジェンド絵と新キャラ絵が矢継ぎ早に登場←今ここ

性能目当て、キャラ愛、性能&キャラ愛、限定、確定はあり。ガチャ欲に要される所を全方位満遍なく攻めて来るこの流れ。
四月だけでもレジェンド二回、懐かしい二部キャラの特効フェス一回、人権キャラのレジェンド復刻一回、二部三部キャラのお着替えを定期開催の予告付けて一回、義勇軍レジェンドと三部主人公のバディ化を今後も続ける予告付けて一回、月末にはレジェンド予定…。
この限定限定アンド限定の攻勢に、わたしは端から付いていくのなんざ諦めてますが、キャラ愛の人や性能求めの人はほんと付いてくの辛すぎるでしょう…。
「限定」なんて一ヶ月に一度のレジェンドとイベント特効程度で良いだろうに。チェンクロには常設の所属別の酒場ガチャって言う、全キャラ闇鍋な訳でもないガチャも置いてあるんだからさあ…。三部新キャラ一杯いるんだしそっち増やせば良いじゃん…。最早一部二部と三部酒場(通常ガチャ)の価値なんてゼロになってんだけど…。
確定までは最大で80回とかそんなもんなので、運に見放されると一度に石400溶ける訳で。
付いていきたくても付いていけない、って状況を作るのってほんと良くないと思う…。瞬間的にとにかくセールス結果が欲しいみたいな安易なものを感じるし。
短期に売り切って畳むのか?と疑いたくなるぐらいに、何回「限定」を重ねてるんだか…。配布や月一度のプレチケ交換、ストーリークリアでの石報酬と言う無料ガチャ権も削減されていく中、猶もお着替えとバディの定期化宣言…。全部限定じゃこれもう射幸心も何も無い。逆効果。運営はユーザーのやる気を無くさせたいのかな?

……まあ極端な話ここまでならまだ、そう言う商法なんだね、限定の方が儲かるし仕方ない流れなのかね、で諦めもつきます。呆れもするけど。
ただこの運営、この現状に更に、キャラ愛を叫ぶユーザーに泥をなすりつけて、持ち物検査に泣くユーザーの背中を蹴って、自分らで掘ろうとした可能性の鉱脈をそんなユーザーたちの亡骸で埋めると言う、何処までも(言葉は悪いですが)馬鹿なのか、馬鹿にしきってるのか解らない事をしだした訳で。

*

ドラマチックバディと言う名の、義勇軍+新主人公のコンビキャラの実装。
お着替えと同じく今後も他の主人公達でやりますと言う宣言をしていただけに、またバージョン商法、また限定商法かと、実装前から不安や不満は噴出していました。
バディは現状お供やペットみたいな扱いなので、三部主人公たちがペット扱いなのってどうなんだとか、同キャラ運用禁止はどうなるんだ、とか諸々の疑問も。
が、絆を謳うゲームですし、名場面ぽいバトルや新たな名コンビが出来るかも?と言う所で光明を見出せそうな部分もあったんじゃないか…、と思います。

……が、いざ実装されたら驚きの、いつぞやのちびキャラと同じ手抜きの更に限界まで手を抜いただけの手抜きとしか言い様のないキャラでした。
・絵は書きおろし。
・当然限定。
・ドラマチックバディフェスと謳ったガチャのハズレ枠に、過去限定キャラのテルー&ウィスプーやチャプリン&パンプキンズ、ミカエラ&エアステなどを入れるのは良しとして、更に常設酒場キャラである五人(ウガプア、エメフラ、クロバス、ロスベル、オボカゲ)を放り込む暴挙。
※なお限定組より常設酒場組の方が排出率が高い。
…散々イベント報酬や月イチのリング交換で三部SPを配布し三部酒場を回させてからのこれ。SSR枠に限定以外の常設酒場キャラが入ったのは薄命の絆の軌跡でのヌイ実装時以来かな…?不評だったからか以降無かったので、運営も解ってくれたのか、と思いきや今回の闇鍋対応。
・限定を何キャラか闇鍋復刻しながらも確定は70回のカインwithヘリオス以外には無し。
・バディ本体のカインとの同時運用は同キャラ扱いなので不可。ヘリオスは可。
・個別キャラを並べただけのモデリング。武器も素の侭。
・ボイスは個別の使い回し。
・モーションも使い回し。
・要するにレジェンドカインとヘリオスの個別キャラを並べて一キャラにしただけ。
・スキルは合体技みたいに、カインの雷の中をヘリオスがダッブレしてくれるのかな?と言う想像を裏切るただのカイン技を二人で使うだけのシンクロ雷落とし。
それもうヘリオスの必要無いわ…。一応三部主人公の一人な筈なんだけどね彼?
NEW!→・特別ログボ画面でヘリオスの顔が微妙に見切れてた(画像)。この状態で翌日「はい、カインさん!」とか言う感じのフキダシが付いていたので余計に噴いた。君見切れとんで。

「背中は任せた!」みたいな台詞を言ってるバナーや、書きおろしイラストに絆を感じても、蓋を開ければ使い回しに使い回しを重ねた、既存のレジェンドカインに一緒に自動攻撃をするビットが付いただけのレジェンド上位互換、つまりこれもまたバージョン違い商法でしか無かった訳です。しかも極限まで手を抜いた、使い回しのバージョン違い。
こう言った「記念」を謳う手抜きでユーザーの神経を逆撫でするやり方、ちびキャラの時から全く成長してない。ちびキャラの方がモデリングが一応新規で元キャラと同時運用が可能だっただけまだマシと思えるぐらい。
この究極の手抜きに対して「記念です」「絆です」と、どれだけの面の皮のブ厚さがあれば言えるんでしょうか。
ドラマチックバディ、と言う仕様名を完全に裏切ってるだけの、使い回し以下の代物。性能だけはなまじあるだけに、
「お前ら強いの欲しいんだろ?義勇軍所属でこれから高難度実装するかも知れないから引いときなよ?」
「あっ、あと限定は今後闇鍋形式での復刻はあっても個別に確定はないから、確定ある内に70回でも80回でも引いて手に入れておいた方が良いよ?」
と言う運営の聞こえざる声まで聞こえそうな始末。
キャラ愛に対する期待を裏切り、バージョン違い商法や限定商法に対するうんざり感も、常設酒場のSSRを放り込む闇鍋ガチャへの苦言も、全てをぶっちぎってのこの暴挙に、流石に多くのユーザーからも呆れと嘆きの声が出ました。
なおこのドラマチックバディと同時に、七章後篇を実装。新規立ち絵を大量投入し、フィーナの帰還を盛り上げ、話題を分散させる事で、ドラマチックバディだけが叩かれまくると言う事態を避けようとした様にも思える。

こんな形でカイン、ミシディア、マリナら初期メンの「義勇軍」復帰をされるぐらいなら、初めからレジェンド化した彼らの所属を義勇軍にしておくなり、七章になってからの実装にするなりにしてくれた方がまだ良かった。
所属「義勇軍」としての彼らを使いたいならば、このドラマチックバディと言う、全方位使い回しだけど別バージョンのキャラを手に入れて下さいね?性能は概ね上位互換ですから!あっもちろん彼らのレジェンドVerとは同時運用出来ませんけど、どうせカインも副都に席微妙になって来た所だから義勇軍結束になってて丁度良いでしょ?www
と言わんばかりの仕様。……これもう流石に好意的解釈も擁護も出来ないよ…。

限定連発の金儲け主義が腹立つとか性能インフレに付いていけないとかそう言う問題じゃないんです。この手抜きや手替え品替えキャラ潰し商法の連発は、キャラ愛や性能好きとかで付いて来ている人たち、長くプレイを続けている人たちを蔑ろにし過ぎです。舐めすぎです。
その癖「その内登場するかもよ?」と旧キャラの新バージョンの絵や新キャラの絵だけをちらつかせて、焦らして引き延ばして、ファンや古参に悔いを残し続ける。
キャラに対しても愛が全く無い。ヘリオスと言う三部主人公が義勇軍になって、憧れのカインさんと共に戦える様になったんだ!みたいなノリやストーリー展開でも、義勇軍入りしたかと思いきや実際は義勇軍戻りしたカインのオプション扱い。仮にも主人公が。
ヘリオスwithカインだと、インク強化したばかりのヘリオス同時使用が出来ないからとか、カインたちを義勇軍に戻したかったからとか、売れないからとか、そんな理由でしょうかね。
現状のバディ仕様で「共闘」みたいなイメージを表現しようってんならまだまだ技術不足。そんな状態で、更にはレジェンドカインやヘリオスがまだ現役の「今」にこんなバディを押し込んで来たのは、このタイミングとノリじゃないとこの思いつき売れないから良いんだよ!と言う考えが駄々漏れ。

ぶっちゃけわたしはもうレジェンド頃から、好きなキャラや欲しいキャラだけ回す。性能や人権キャラは余裕が無かったり食指が動かないんなら追い掛けない、クリア出来ない難易度は諦める、と言うプレイスタイル貫いてます。コラボとかに全力するのもその流れ。
クリア出来ない高難度系も、イベントが限定であっても諦めています。
どうしてもクリアしたければ最悪復活の実と言うリトライアイテムもある訳で。そのへん一応(入手し辛いアイテムだけど)ガチャらない人や下手な人に対する救済措置と言えるのかも知れないけど。
塔や渦や一部高難度と言うリトライ出来ない所もありますが。
ガチャありきのソシャゲですしね、幅広く回す人と適当に回す人とでそのぐらいの差別化があるのは当たり前だと思ってますし。

*

未実装レジェンドや三部新キャラを抱えるだけ抱えておいて、それらに期待を持たせるだけ持たせて、「お預け」にして既存キャラのバージョン違いをリリースし続ける事でユーザーを引っ張り続け引っかき回し続ける。
同キャラは同時運用出来ない為、同じキャラのバージョン違いならば同時に使われる事でインフレが加速する事もそれ程ない。
幸いなのは、それら限定のキャラを使わねばクリア出来ない様な難局が、メインストーリーを取り敢えず読み進める段には無い、と言う事か。
尤も、イベント限定の報酬やらキャラが取得出来ない可能性は生じるが。最近とみに新世代縛りや所属縛りで持ち物検査的な高難度を「これでもクリアしてみやがれ」とばかりにねじ込んで来るので、そこは純粋にタチが悪いと言いたい。
義勇軍所属、と銘打っての登場と言う以上、今後義勇軍結束や義勇軍限定高難度が出ますと言う宣言でもある。ぶっちゃけそうでもしないとこの「義勇軍」キャラを所持するメリットが無い=引く人も少ない、故に。


今回、「義勇軍」と言うユーザーの最も思い入れの強い所で、その威を借りてこんな手抜き儲けとしか言い様のないやらかしを、七章全開放「記念」と謳って出した事に、怒りと言うか嘆きと言うか呆れを隠しきれず堪えきれずこうつらつらと流してみたくもなった次第です。