愛情表現が縛りプレイ

999その二。

ローゼマリーに続いて年内のうちにレイチェル・アナスタシアの親愛度もMAX999になりました。ふう…。
勿論ちゃんとレムレス島で撮影して来ました…。
二人ともコラボ除くチェンクロ産キャラでは最上位の好き子だもので、最早意地と言うかなんと言うか…。

やりこみ要素とは言え、ステータス上昇があるのは100までで、後は完全に趣味の領域なのは間違いないんですが、親愛度を上げる為の方法は正直洗練されてるとは言い難い、縛りプレイみたいなものを強いられる(くどいけど強制ではない)現状はうんざり以外の何でも無いのは事実。

・親愛度100までしかステータスに補正は入らない。それも1凸分ぐらい、雀の涙程度。なので、親愛度をひたすら上げれば旧キャラやレジェンド未満キャラでも現状使えるレベルになる!…なんて言う救済は全く無い。
・戦闘に使うPT全員が親愛度経験値を得られる。
・但し親愛度経験値はPTの並び順の先頭が高くサブパは低い。
・コラボなど、特定のキャラを先頭にする事でBGMが変わる要素があるが、親愛度経験値を気にするとBGM変更は二の次になって仕舞う。
・一回の戦闘でのマナ使用個数で親愛度経験値は更に増えるが、一度につき3マナまでしかカウントされない・
・Wave数にも因るが、確実にマナ使用をする為にはマナ持ち込みが必要になったり、マナのばらけを防ぐ為に使う職をある程度固定する必要がある。ので、PT組みの自由度が減る。
・親愛度が上がる度必要親愛度経験値もどんどん増えていく。結局必要なのは低APクエストの無心の周回。後半ともなると先頭位置で3マナを毎回消費しても10戦闘ぐらいで親愛度が1上がる程度になる。
・オートバトルを併用している時、オートは先頭のキャラから動き出す為、親愛度を上げたいけど戦力にはならないキャラが真っ先に突っ込んで行く地獄を味わう羽目になる。
・ちなみに親愛度を上げても、基本的にフレンドには「お気に入り」設定でしかそれを見せる事は出来ない。リーダーキャラ(貸し出しキャラ)はステータスまで開かないと親愛度までは解らないので、普通はスルーされて気付かれる事は無い。
…ので、自己顕示の手段の提案にしても、余りに地味と言わざるを得ない。

……まあキャラ好きを謳いたいのもあって、ローゼマリーとレイチェルに関しては半ばヤケクソで、イベントでもないのに周回をし続けたりして999カンストまでこなした訳ですが、近々アプデで親愛度の上限が四桁まで増えるとの事で、親愛度の上げ方の改善や旧キャラへの救済が何も無い侭でキャップだけ解放って、馬鹿なのかなあ…と言わざるを…。
まあ100以上に上げる事自体が趣味でしか無い為に、そこに合理的な方法や利便性やキャラ救済があったら確かに本当の「強制」になっちゃうと言うのは解るんですが、それなら999止めで良い訳で、それ以上のキャップ解放する必要も無いだろと…。
ある種のやりこみ派やキャラ愛表現派には、何のおまけや救済がなくとも、上限解放=使命感と言う病気なんですよねえ結局…。
それでも主に一人のキャラしか自慢出し出来ないので、やり甲斐煽りもそれほど無いと言える。

なんでそんな状況で親愛度の上限解放を実装しようと思ったのか、理解に苦しむ次第。

*

親愛度状況。

ローゼマリー、レイチェル>999
レオ>505
クオン>330、キララネ>318
まどか>278、リリルカ>205、クーデリア>203、ユニ>200
ストラッセ>178、ニンファ>163、リース>136、カイン>136、
チェイン>124、ほむら>119、フェイト>115、アリーチェ>112、リフレット>110
100〜110>アリシア(戦ヴァル)、ベラ、ヒトリ、ズイハ、ベニガサ、はやて、クズノハ、メディア、マミさん、なのはさん、ロレッタ、トトリ、ミアセラ、ビエンタ、アルドラ

依然として目立つ、趣味で上げた子と、使用頻度で勝手に上がった子との差よ…。
100ぐらいを普通は目標にしておけばいんじゃないかなあ…と思うだけは思うんですけどもねえ…。

name
email
url
comment